運動会の撮影はコレで決まり!キャノンの神レンズEF70-200mm F2.8L IS II USM|イクメンライフハッカー

運動会の撮影はコレで決まり!キャノンの神レンズEF70-200mm F2.8L IS II USM

こんにちは。

広島のイクメン、2児のパパです。

今日は幼稚園に通う長男の運動会。

年長さんのため、我が家では幼稚園最後の運動会です。

長男の成長した姿を見届けるため、早朝から場所取りに並んでおります。


時刻は3時。

眠い。

寒い。

オマケに生憎の天気で雨が降りそう。

中止になったらどうしましょう。

3時から並んだのに。

ショックで死ぬかも。。



というのは冗談で、中止になったらその足で会社へ行きます。

ありがたいことに仕事がクソ忙しく、今日休んだら代わりに土曜日は出勤予定。

感覚的には運動会に行けるだけマシ。

実際、働く子育て世代の父親はこんなものでしょう。


前置きが長くなりましたが、今日は運動会に欠かせ無い望遠レンズの話し。

キャノンの神レンズ、EF70-200mm F2.8L IS II USMでございます。

じゃ~ん。


別の角度から。

やっぱ望遠レンズはカッコええですね。

多くのにわかカメラマンや物欲派のオッサン同様、こんなレンズが必要なのは運動会くらいですが、さすがに運動会を標準ズームレンズで乗り切ることは出来ません。

運動会にはキャノンの神レンズ、EF70-200mm F2.8L IS II USMが必要なのです。


もういっちょ別の角度から。

フルサイズに70-200ではやや望遠が不足気味ですが、ギリギリどうにかなるのでエクステは無しです。


さらに別の角度から。

場所取り行列からはオッサンのイビキが聞こえてきました。

寒空の下、レジャーシートの上で寝られるなんてカッコええ。

神経質な私は真似できません。


キャノンの望遠レンズ、EF70-200にはいくつか種類がございます。

明るさの違うF2.8、F4。
手ブレ補正のIS有無。
重さ。

1番厄介なのは値段の違いかも知れませんが、出てくる絵は別物。

せっかく望遠レンズを買うならEF70-200mm F2.8L IS II USMが良いと思います。


これはレンズキャップではありません。50mmの単焦点レンズ、通称キャノンの撒き餌レンズです。


望遠レンズ一本で行こうかと思いましたが、念のため持って行くことにしました。

たぶん、今日は使わないと思います。


運動会の準備をしていると子どもたちがやってきました。

試し撮り、メモリーカードやバッテリーチェックをしていると、、

「パパ!」

「撮らせて!」

5DとEF70-200mm F2.8L IS II USMはいくつかのシーンでは最強コンビ。

幼児が切ったシャッターでも、ハッとするような写真が撮れます。

ついでに被写体となったママの小ジワも良く分かります。。


という訳で、

運動会にはキャノンの神レンズ、EF70-200mm F2.8L IS II USMが必要。

全く中身が無い記事でしたが、言いたいことはそれだけです。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします