特ネタ本マグロ大トロ1貫280円、特ネタ中トロ1貫180円。スシローのマグロはホントに旨いのか|イクメンライフハッカー

特ネタ本マグロ大トロ1貫280円、特ネタ中トロ1貫180円。スシローのマグロはホントに旨いのか

100円寿司と言えば回転寿司のスシロー。

10皿食べても1,000円。死ぬ気で30皿食べても3,000円。

店舗オペレーションや商品開発にビックデータ分析ツールDr.Sum EAと個人的に現時点で最高のBIツールと理解している連想型高速インメモリBIツール「QlikView」を活用する回転すしチェーン「スシロー」に、どこか親しみを持っていました。

ところが、、




スシローのマグロ


特ネタ中トロ1貫180円。

特ネタ本マグロ大トロ、1貫280円。



100円寿司のスシローが、ヘタすると2貫で560円。

全然親しみやすくなくなっていました。


ここで疑問ですが、スシローの大トロは1貫280円の値段に見合う味なのでしょうか。

割高なのか、割安なのか、それとも妥当な価格なのか。すし遊館のマグロと比較してみることにしました。

すし遊館のマグロ


こちらはマグロが美味しい回転寿司、すし遊館の本マグロづくしというお皿。

大トロ、中トロ、赤身、鉄火巻き(2本)、中落ちの5種類が入って600円です。

600円です。

しつこいですが、600円。巻物がありますが1貫あたりにするとざっくり100円です。

お味の方は、、スシローより断然うまい。

マグロも違うがシャリが違う。全然違う。

巻物系は海苔も違う。

ガリも違う。

醤油もワサビも。

お茶は大して変わらんかも。


とにかく、スシローの特ネタ本マグロ大トロ、1貫280円を2皿食べるよりも断然満足度が高く、旨い。

ボリューム満点で2皿も食べればそれなりに満腹になることから、安いといっても過言ではありません。


こちらはすし遊館のマグロ三昧というお皿。

大トロ、中トロ、赤身の3貫で460円。

1貫当たり153円です。

写真にはありませんが、すし遊館の大トロは2貫で460円。

1貫当たり230円とスシローの特ネタ本マグロ大トロよりも安いのです。

味は前述のとおり。


すし遊館はサイドメニューもオッサン向けの変わったものがあり、岩牡蠣や写真のマグロの串焼きなども。


このマグロの串焼きがボリューム満点で、特大サイズにカットされたマグロのクシが3本も入って230円の激安価格。

それに150円のみそ汁に600円の本マグロづくしをいただけば、満腹大満足。

マグロの大トロ対決、すし遊館の圧勝です。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします