もう少しで100いいね!記念にFacebookページのカバー写真をイクメン風に変えてみた|イクメンライフハッカー

もう少しで100いいね!記念にFacebookページのカバー写真をイクメン風に変えてみた

イクメンライフハッカーのFacebookページのカバー写真をディズニーランドホテルの写真から子どもたちの写真に変更することにしました。

カバー写真はブログタイトルに「イクメン」を掲げていることもあり、イクメン風の写真の中から選びました。

実際のところ、私は大したイクメンでもなく、イクメンビジネスに従事しているわけでもないタダのオッサンですが、語呂が良いのでこのままイクメンで押し切ろうと思います。



Facebookページのカバー写真を選ぶ


Facebookページのカバー写真候補その1はファミリープールの写真。

夏は毎週のようにお出かけするファミリープール。

今年は他所のプールへ浮気気味ですが、子どもたちの大好きなプールであることには変わりありません。

オッサン1人、4歳と2歳のチビ助を連れて泳いだ想い出が沢山あるので、これでいいのではと思います。

(写真選ぶのメンドクサイ)


Facebookページのカバー写真候補その2はスキー場の写真。

Facebookページのカバー写真をプールの写真とした場合、夏は季節感があり良いのですが、夏が終わると微妙なことに気が付きました。

それで選んだのがスキー場の写真。

ここまで書いて冬以外は微妙であることに気が付きました。


Facebookページのカバー写真候補その3はよく分らないオブジェクトの写真。

よく分らないオブジェクトなら、よく分らないだけにどの季節でもイケるはずです。

おそらく、大分のうみたまご水族館で撮った写真ですが、よく分りません。


Facebookページのカバー写真候補その4はクッキー作りの写真。

よく分らない写真は本当によく分らない。

もう少し分り易い写真が良いことに気が付きました。

というわけで、子どもたちが幼いころから何度も一緒に作ったクッキー作りの写真。

子どもは料理が大好きです。


Facebookページのカバー写真候補その5はディズニーランドの写真。

クッキー作りの写真も良いのですが、生活感が強すぎるように感じました。

せっかくなので非日常の写真。

長男が4歳の誕生日にの時に泊まったディズニーランドホテルとバースデーメダルの写真など良いのではないでしょうか。


Facebookページのカバー写真候補その5はボーネルンドの写真。

ディズニーランドも大切な想い出ですが、我が家にとってはあまりにも非日常の体験で、子育て感がありません。

子どもたちが楽しそうに過ごしているところ、、と言う観点で大好きなボーネルンドで遊んでいる写真も良いと感じました。


Facebookページのカバー写真候補その6はマツダスタジアムの写真。

カープ坊やの写真もいいかも。


Facebookページのカバー写真候補その7は釣り堀の写真。

そういえば私はカープ(というか野球)に全く興味が無い。

せっかくなので私も一緒に楽しんだ釣り堀の写真がいいと感じました。

子どもたちの真剣な表情、兄妹仲良くしている良い写真です。

うん、これにしよう。


Facebookページのカバー写真候補その8は昆虫採集の写真。

良い写真と言えばこれでもよい。

久保アグリファームという広島の牧場で昆虫採集に出かけたら、カエルしか獲れなかった図です。

なにが嬉しいのかサッパリ分りませんが、これでよい。


Facebookページのカバー写真候補その9はオモチャの写真。

さすがにカエルをみて喜んでいるだけの写真ではマズいかもしれない。

ということで、人気のおもちゃ、BRIOのおもちゃで楽しそうに遊んでいるところ。

さりげなくBRIOを宣伝することで、いいことがあるかも知れない。

これだ。


Facebookページのカバー写真候補その10は水族館の写真。

商売よりもイメージが大切。

やはりもう少し子育て臭を醸し出しましょう。

ということで、長男と2人でお出かけした宮島水族館の写真。

長女がママと映画を見に行く、お泊りに行くなどで不在の時はもっぱらここです。

帰りに親子仲良くアナゴ竹輪をカジるのがお約束。


Facebookページのカバー写真候補そ11は自転車練習の写真。

「育児やってます」の写真ならこれも良い。

ひろ~い広場で子どもたちの後をひたすら追いかけた想い出の写真です。


Facebookページのカバー写真候補その12は家庭菜園の写真。

畑でクワをふりまわす。

都会人にはできまい。

いいじゃないですか


Facebookページのカバー写真候補その13は葉っぱの写真。

最後はじぃじの家庭菜園に生えていたレンコンの葉を失敬し、葉っぱに水を入れて振り回して遊んだ写真。

葉っぱが無くなったレンコン畑を見た時のじぃじの顔が印象的でした。


というわけで、優柔不断な私が甲乙つけがたい候補の中から選んだカバー写真は、、


選びきれなかったので10枚採用しました。



【お知らせ】

ここでお知らせ。

イクメンライフハッカーのフェイスブックページはもう少しで100いいね!に到達します。

「この記事が気に入ったら、いいね!しよう」から、記念すべき100いいね!をされた方には、きっと良いことがあるはず。

皆さまのいいね!お待ちしています。

※既にフェイスブックページにいいね!されている方がいいね!されると「いいね!」がキャンセルされてしまいます。悲しい気持ちになるので注意してください。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします