鯛やイサキの姿造りにノドグロの煮付、シメの鯛飯。お魚料理ホームパーティーは最高です|イクメンライフハッカー

鯛やイサキの姿造りにノドグロの煮付、シメの鯛飯。お魚料理ホームパーティーは最高です

こんにちは。

広島のホームパーティー愛好家、2児のパパです。

何かと忙しいママ達には休日が必要。

今回は我が家で不定期に開催されるホームパーティーのお魚料理レポートです。




この日の食材


この日購入した食材。

・天然鯛
・イサキ
・タコ
・イカ
・どんちっちアジ
・カンパチ
・サーモン
・サザエ
・クリガニ
・ホタテ
・赤エビ
・ノドグロ

その他、家庭菜園で収穫したキュウリやらエダマメやら。

産卵後で痩せた魚が多いこの時期は食材を調達するのに苦労しました。


水イカと生タコ。

生タコは刺身、アヒージョの具材、タコキムチなど、色々使えるのが便利です。


クリガニはシンプルな塩ゆでにしました。


この日のメインディッシュ、ノドグロの煮魚。

贅沢に1人1匹。

丁寧にウロコと内臓を取った後、熱湯を掛け細かな汚れと臭みを除きます。


サザエは刺身と煮つけ。


タコは半分茹でタコに、半分は生タコで。


家庭菜園で収穫した青じそ。


クリガニは食べやすいよう、カットしました。

カットしたけれど、、食べ易くは無いかな。。


赤エビ(スーパーで売っている、冷凍のエビ)は塩焼きにしました。

香ばしい香りがたまりません。


前日に仕込んだサザエ。

柔らかくて苦みもなく、好評でした。


エダマメ。


最初のオツマミはこんな感じです。


大き目の若イカはイカ焼きにしました。

塩をふって焼くだけの簡単料理なのに、これが旨い。

お酒とも合います。


刺身用の天然鯛とイサキ。

この季節は養殖の鯛が欲しかったのですが、残念ながら当日は手ごろな価格の養殖鯛が見つからず、天然鯛で代用。

予想通り脂乗りが控えめでした。


姿作り用に頭を残した状態で3枚卸。

鯛は半身はタイ飯にするため、2枚卸の状態です。


刺身はこんな感じ。


キュウリの浅漬け。

これは旨い。


生タコの足を1本使い、タコキムチ。

切るだけでツマミが1品追加できました。


ママたちの方も盛り上がっています。


お家のみに欠かせないメニュー、アヒージョ。

まずはエビとシイタケのシンプルな具材で。


刺身が減っていたので追加しました。


島根のプランド鯵、どんちっちアジは脂乗りが半端ない。

そのままでも美味しいですが、サッパリといただけるよう、青じその千切りとねぎを合えてタタキ風にしました。


カクテル用のフルーツ。


長女もお手伝い。


炭酸水とガムシロップ、お酒で割って飲みます。

泡立ってしまいましたが、旨い。


お酒はどんどん進みます。


タイ飯用の鯛。

炊飯器に入れる前、臭みが出ないよう軽くあぶります。


出汁は鯛のアラと昆布。

もう少し脂が欲しい!


高級炊飯器?で炊き上げます。


クレームにならないよう、丁寧に身をほぐし、、、


ほぐした身をご飯に混ぜたら出来上がり!

肝心のお味の方は、子どもたちは「ご飯がモチモチ!おいしい!」と絶賛していましたが、試食してみるとフツーのタイ飯。

やはりこの時期の天然鯛では脂が少なく、うま味が十分でありませんでした。

タイ飯は11月の冬超えに備えて脂が乗った天然鯛でリベンジさせていただきます。


アヒージョは具材が無くならない限り、お代わり自由。

エビ、ホタテ、タコ、ジャガイモ、シイタケ、チーズなど。

熱々の料理が食べれる簡単で美味しいメニューです。


ノドグロの煮魚。


脂乗りが半端ない。


最後に今回のお魚料理ホームパーティーの振り返りを。

反省点は、ちょっとボリュームが多すぎたこと、
天然鯛の脂乗りが悪く、タイ飯はミスChoiceだったこと、
ノドグロの煮魚の味付けが薄かったこと。

良かった点は、アヒージョはやっぱり美味しい!ということ、
サザエの煮つけが好評だったこと。

今回のホームパーティー予算はお酒別の食材で1人当たり3,000円でしたが、
もう少し量を減らし、その日のお魚相場が安ければ1人2,500円でも出来そうです。

お家で飲むなら、より安く美味しいメニューで。

次回はもっと楽しいホームパーティーになるよう、ガンバリます!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします