知ってますか?粗塩ふって酒で13分蒸すだけの簡単料理「天然鯛の骨蒸し」は言葉にならないほど旨いのです|イクメンライフハッカー

知ってますか?粗塩ふって酒で13分蒸すだけの簡単料理「天然鯛の骨蒸し」は言葉にならないほど旨いのです

こんにちは。

広島のイクメン、2児のパパです。

はて、いつまでイクメンを売りにしましょうか。




ブログやTwitterで子どもと過ごす写真をアップし、子煩悩なフリをするだけで好感度が上がるキーワード、イクメン、、であったのも昔の話。

育休で不倫する「いつまでたっても肉食系男子」など、今やイクメンと言うワードは微妙な男の代名詞と言っても過言ではありません。

実際、私の周りでも仕事も育児もバリバリこなし、(家事をやってるかは知りませんが)趣味など、自分の時間も大切にしている男から見てもカッコいい男は、イクメンのイの字もない。


自らイクメン、イクメンを名乗っている輩はほとんどがヒマ人か、イクメンをだしに好感度を上げようとしているだけのゲスでしょう。



で、このブログのタイトル。

「イクメン」に代る新しいタイトルを3日くらい考えていますが、「オッサンの日記」位しか候補はありません。

やれ困った。



どうでもいい話はこのくらいにして、安くておいしいお魚料理日記でございます。

※この日の食材は天然鯛、島根どんちっち鯵、鯖、鰯


4月、5月と言うのは魚好きにとって退屈な時期で、多くの魚が産卵のため卵に栄養が奪われ、身はスカスカ。

脂、旨味ともに控えめで、美味しくございません。


では4月、5月は何の魚を食べるのかと言うと、、味が落ちる産卵を控えた魚は食べません。

春が旬の貝を食べたり、ホタルイカなど、卵と一緒においしくいただける食材を選びます。


※天然鯛の骨蒸し。粗塩をまぶし、酒で蒸すだけの簡単料理。無論、無茶旨い


※鯖は煮魚にしました


魚が不味くなる、4月と5月。

正直、刺身を食べるには最悪の季節ですが、それでも刺身が食べたいときは鯵などいかがでしょうか。


大型の大味な鯵は苦手ですが、4月から5月に脂が乗る25センチ前後の中鯵は本当にうまい。

この日買った島根県浜田市のブランド魚、島根どんちっちアジは抜群の脂乗りで最高でした(しかも1匹120円)

刺身でも美味しいですが、焼いても旨い。いや、焼いた方が旨いかも。

どんちっちアジがオイシイ秘密


よく脂がのって美味しいといわれるのは、脂質含有量が多いためです。ではなぜ、島根県浜田漁港のマアジは脂質含有量が非常に高いのでしょうか。 
それは、島根県西部沖には"カラヌス"と呼ばれる体の半分以上が脂で構成されているプランクトンが生息していて、これが島根県西部沖のマアジの栄養源となり、豊富な脂質含有量に関連しているのではないかと考えられています。特に4月から9月の旬に脂質含有量が10%以上にもなっているからです。



※これはイワシです。鯵の写真を撮るつもりがボケてました。やれやれ


天然の鯛は普通の刺身と旨味の多い皮ごと食べれる霜降りで。鮮度の良い鯛はプリプリとしておりますが本来の実力とは程遠いお味でした。

やはり4月5月は鯵がうまい。島根のどんちっちアジが。


※妻曰く「今日は手抜き?」の刺身。ハイ、牧場でしこたま遊んだ後の料理当番はメンドクサイのです


天然鯛のアラでつくる骨蒸しはマジでうまい


ヤバい。

記事タイトルを骨蒸しにしていたのを忘れていました。

これです、これ。

骨蒸しというのは刺身になる鮮度の天然鯛のアラを、粗塩ふって30分寝かし、お酒で10分少々蒸し上げるだけの簡単料理なのですが、これはもう、無茶旨いのです。

むかーしお世話になった方に高そうなお店で(けっこうなお値段で)食べさせていただいて以来、私の得意メニューに加わりましたが、お家でも簡単にできます。味も大して変わりません。

鯛の身でもできますが、味は月と鼈。ゴミと真珠くらい違います。絶対にアラで作ってください。天然鯛のアラ。アラなんか食べにくくてイヤだ!と言う方は切り身の世界に戻ってください。


最後に、滅多にレシピなんぞ書きませんが、地味な料理なのでクックパッドに乗っていないかもしれません。簡単に書いておきます。

マジで美味しいので、「なんだそれ?」と思った方は試してみてくださいね。

骨蒸しのレシピ


・激安スーパーで天然鯛のアラを買う
 
養殖の鯛で骨蒸しを作ると脂臭いです。
 
切り身で作ってもマズいです。アラで作りましょう。
 
デパ地下で天然鯛のアラを買うと1,500円くらいすることがあります。激安スーパーで手に入れましょう。

デパ地下は5,800円の伊勢海老を「出汁にするから頭しか要らない。身は捨てて」と言うお客さんがいらっしゃる場です。

・アラに10秒ほど熱湯をかけ、流水で素早く冷まし、浮いたウロコや汚れを落とす

・粗塩を振って20分待つ(クサそうな汁が出るハズ)

・鍋に酒を入れ、13~15分程度蒸す

豆腐やキノコ、ネギを入れると感じが良い。

・冷めないうちに食べる ※これが一番重要
 
味が薄い場合はポン酢をかけましょう。

・子どもに見つからないうちに食べる

この日も子どもに奪われ、残りカスしか食べれませんでした。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします