これは旨い!サザエのお刺身は身より肝を食べましょう|イクメンライフハッカー

これは旨い!サザエのお刺身は身より肝を食べましょう

こんにちは。

広島のイクメン、2児のパパです。

今日は有休をいただいておりましたので、所用を済ませたあと男の魚料理を作りました。




土日に親戚の結婚式で泊まった別府 杉乃井ホテルの名物バイキングも旨いが私の作る刺身も旨い。サザエの肝が最高でした。


食材はいつも通り、広島の激安スーパー、ノムラストアーで購入。

このイカは3杯で250円の激安品。サイズが小さく、鮮度も大したことないのでこの値段です。

1杯398円の鮮度の良いイカもありましたが、庶民なのでこんなもんでいいんじゃないでしょうか。


瀬戸内海物のサザエ。

2つで280円でした。

安いと思います。


ところで皆さん、サザエの刺身を作るとき、肝を捨てられてませんでしょうか?

(え?サザエの刺身なんかメンドクサくて作らないって?)

サザエの肝は捨ててはいけません。

私くらいの食通になると、身よりもキモの方が大切なくらい。

わさび醤油でいただくサザエの肝は最高です。


養殖の鯛。

子を持つこの時期は天然の鯛よりも養殖の方が脂が乗って美味しいと思います。

それから、私のブログをチョイチョイ見てくださる方はご存知かと思いますが、鮮度バリバリのいわゆるブラと言われる、身がプルプルの魚を購入したときは、チルドなんぞに入れてはなりません。

冷えすぎないよう、夕飯まで新聞紙などで包んで野菜室に入れておくのが正しい保管方法です。

それから、刺身に切った後はなるべく冷蔵庫に入れず、すぐに食べましょう。

食べる直前に切るのが吉です。


長男大好物のアラ炊き。

目とほほの内側のプルプルのお肉が好きです。


握り箸で器用に食べる長男。

将来は私以上の魚食いになるでしょう。


そうそう、

この日は珍しく日本酒をいただきました。


賀茂鶴と言えばオバマ大統領の宣伝効果で「ゴールド賀茂鶴」が一躍有名になりましたが、もう少しお求めやすい価格の「純米吟醸酒」が本当に旨い。

辛過ぎず甘すぎずの旨口。味がしっかりしているので刺身、揚げ物、肉料理何でも合うものも魅力です。


本日の刺身。


家庭菜園で収穫した新玉ネギのフライも最高。



賀茂鶴の純米吟醸酒。これからの季節、冷酒が最高ですね。



純米吟醸酒720ml詰 1本化粧箱入
価格:1457円(税込、送料別)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします