バーベキュー中に暴漢に襲われても全く問題なし!Vansky フロート防水ケース|イクメンライフハッカー

バーベキュー中に暴漢に襲われても全く問題なし!Vansky フロート防水ケース

突然ですが皆さん。

バーベキュー中に突然暴漢に襲われ、びしょ濡れになった経験はないでしょうか。




私は何度もあります。


スマートフォン用防水ケース


そんな時に困るのが、スマートフォンが水浸しになり壊れてしまうこと。

iPhoneの修理は専門店にお願いしなければならず、本当に困りますよね。


そこで今回はバーベキュー中に突然暴漢に襲われた時に水没からスマートフォンを守ってくれる、Vansky フロート防水ケースをご紹介させていただきたいと思います。

こんな感じの防水ケースです。


夏のアウトドアでよくある光景


宮崎和牛A5の牛肉にサザエなどの魚介類。

アヒージョをツマミながらバーベキューを楽しんでいると、恐ろしい暴漢がやってきました。

手には爆弾。背中には銃を隠し持っています。


小さい暴漢 「びしゃあああああああ!」


小さい暴漢 「オラオラオラオラ!」


小さい暴漢 「ハッ、ハッ、ハッ、ハッ!」

小さい暴漢 「どうだ、まいったか!!」


執拗に攻撃してくる暴漢ですが、全く問題ありません。

私のiPhoneは水中使用にも耐えられる防水等級IPX8の防水ケースによって完璧に守られています。

※赤いゴミのようなものはiPhone液晶カバーのひび割れを隠す、画期的なビニールテープです


このような爆弾の直撃を受けても全く問題なし。

濡れながら防水ケースに入ったiPhoneを使い、Twitterをチェックするのも全く問題ありませんでした。


守れないものもある


「ぐゎああ!」

残念ながら防水ケースが守ってくれるのはスマートフォンのみです。

顔面を撃たれると息ができなくるので注意しましょう。


スマートフォン用防水ケースのメリット


と言うことで皆さん。

スマートフォン用防水ケースの魅力はご理解いただけましたでしょうか。


突然、水鉄砲で撃たれまくっても全く問題なし。

まるで何事も無かったように、バーベキューを続けることが出来ました。


日本工業規格(JIS)で定められた水の浸入に対する保護等級防水等級、IPX8の性能を持つスマートフォン用防ケース、Vanskyフロート防水ケースはこんなシーンで活躍しそうです。

・お風呂でYouTubeや音楽を聴く
・プールや海水浴などでスマートフォンを常に持ち歩く
・ヨットやサーフィンなどのマリンスポーツ
・釣りや潮干狩りなど、手が汚れる場所
・水中での写真・動画撮影
・突然、水鉄砲で撃たれた時


アウトドア派に必須のスマートフォン用防ケース、Vanskyフロート防水ケースは2016/06/24現在Amazonで56%OFFのセール中です。






この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします