ミニSLに255mのローラー滑り台、ポニーにウサギ、恐竜まで。山口県、蜂ヶ峯総合公園の魅力をお伝えします|イクメンライフハッカー

ミニSLに255mのローラー滑り台、ポニーにウサギ、恐竜まで。山口県、蜂ヶ峯総合公園の魅力をお伝えします

今回は幼児連れにとっても嬉しい公園、山口県の蜂ヶ峯総合公園をご紹介します。

ミニSLに全長255メートルの大型ローラー滑り台、観覧車に180種4,000株が咲き誇るバラ園、ポニーにウサギ、本物そっくりの恐竜まで何でもあり。




幼児を連れて蜂ヶ峯総合公園で半日遊ぶと、こんな感じでした。


蜂ヶ峯総合公園の駐車場


2016年5月15日(日曜日)山口県の蜂ヶ峯総合公園、午前10時の子ども広場横の駐車場。

蜂ヶ峯総合公園の駐車場(無料)は数ヶ所あり、「満車でとめられない」なんてことはない、、と思っていたら12時頃には多くの車であふれかえっていました。

お出かけは朝一番が基本の我が家ですが、お昼から遊びに行こうと思われる方もけっこういらっしゃるのですね。


子ども広場の乗り物と遊具


子ども広場に設置されている、旧型のミニSL。

乗って遊ぶもよし、記念写真を撮るもよし。

乗り物好きの長男は大喜びでした。


同じく子ども広場に設置されている自衛隊機B-65。

「パパ、これ、のれるん?」

「乗れん。」

乗って撮影できるようになったら、さらにステキです。


蜂ヶ峯総合公園では休日限定でポニーの乗馬体験もできます。


子ども広場のアスレチック。

大きさはそこそこで大きい子どもは物足りないかも知れませんが、小学校3年生の長女と幼稚園年長の長男にはちょうど良さそうでした。


面白そうな急斜面も。


蜂ヶ峯総合公園のミニ動物園


子ども広場からローラー滑り台方面に歩くと(徒歩5分)途中にミニ動物園があります。


動物のケージは何か所かあり、うさぎ、モルモット、クジャク、ニワトリ、インコなどの動物を観賞することができます。


蜂ヶ峯総合公園名物、ローラー滑り台


動物園の後、ローラー滑り台に乗ることにしました。

ローラー滑り台に乗るには管理棟でチケットを購入し、専用の敷物を借りて管理棟の裏からリフトカーでスタート地点へ登ります。

リフトカーが混雑していたり、待ちきれない時は階段で上がることも出来ます(けっこうキツイ)

全長255メートルのローラー滑り台は300円のチケット1枚で3回まで滑れます。


管理棟を出てローラー滑り台乗り場へ向かうところです。


ローラー滑り台用の専用敷物。


リフトカー乗り場はこんな感じです。

係りの人はいないため、リフトカーの扉の開け閉め、昇降スイッチのオン・オフなどはセルフサービス。

小さい子だけは危ないので保護者同伴で楽しみましょう。


リフトカー乗り場にはうさぎ広場が併設されているので、リフト待ちの時間も退屈することはありません。

当日はGW明けのせいか空いており、リフト待ちもゼロでした。


リフトカーが登るところ。

乗り物が大好きな子どもたちは大変喜んでいました。ちょっとボロいのも趣があって良いですね。


上から見るとこんな感じで、景色は良いです。


行ってらっしゃ~い。


蜂ヶ峯総合公園のローラー滑り台は全長255メートルのロングコースがウリですが、設計が古く、コースが直線的なのが残念なところ。

また、幼児を遊ばせるには保護者も一緒に滑るか、見送った後、延々と歩いてゴールまでお迎えに行かなければなりません。

高いところが死ぬほど嫌いな私はローラー滑り台の出発地点から終点まで何度も送り迎えさせていただき、ふくらはぎが死にそうになりました。


ゴール地点から戻ってきた長男。


楽しそうで何よりです。


トイレは多数設置されており、幼児連れでも安心です。


子ども☆バラ園


180種4,000株が咲き誇る山口県最大級のバラ園。

蜂ヶ峯総合公園はおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に来ても楽しめると思います(ただし、メッチャ歩きます)


蜂ヶ峯総合公園のバラ園、1番の見頃は5月中旬から6月上旬ですが、二番花が6月下旬、三番花が8月下旬に咲くとのことです。


鐘を鳴らし、「カラ~ン、カラ~ン」を満喫する長男。


とにかく楽しい恐竜の森


バラ園を抜けて恐竜の森キャンプ場へ。

蜂ヶ峯総合公園のキャンプ場は固定式バーベキュー台8ヵ所、移動式バーベキュー台が10台、休憩棟2棟、トイレに炊事場が完備。

当日もたくさんのバーベキュー客でにぎわっていました。


休憩棟(有料・2,000円)


固定式バーベキュー台は1セット500円と大変リーズナブル。

6人座れるベンチとテーブルとのセットで500円はメッチャ安いと思います。

バーベキュー個所はいずれも斜面に面した場所に設置され(荷物運びは大変かも知れませんが)緑に囲まれ雰囲気も最高です。


斜面を駆け抜ける長男。


恐竜キャンプ場には実物大の恐竜が設置されています。

恐竜は驚くほどリアルに作られており、遊具になっているものや、近づくと鳴き声をあげるものなど、望外に楽しめました。



こんな面白い恐竜も。


蜂ヶ峯総合公園の観覧車


恐竜の森を抜け、芝生広場の観覧車へ。

観覧車は高さ32.65メートル、一周の所要時間7分。天気が良い日は瀬戸内海の島々まで見渡せるそうです。


私は高いところが苦手なので子どもたちだけで乗っていただきました。

行ってらっしゃ~い。



芝生広場はこんな感じです。文字通り、芝生と観覧車に乗らなくても景色が良く気持ちいい。


見晴らしの良い芝生広場でお弁当をいただきました。

蜂ヶ峯総合公園は飲食店が無いのでお弁当を持参が必須です。


芝生広場を抜けて、ミニSL乗り場へ。

蜂ヶ峯総合公園はアップダウンが多いです。


蜂ヶ峯総合公園のミニSL


ミニSL、はっち号。

3両編成、42人乗りのSLです。


貸切り状態のミニSL。1本前の列車は満席に近い状態だったのでラッキーでした。


緑が近く、スピード感があります。


皇族気分で手を振る子どもたち。


トンネルもアリ。

ディズニーランドの「ウエスタンリバー鉄道」のようなギミックはありません。


地方&田舎のミニSLなので期待していませんでしたが、距離も長く、予想以上に楽しめました。

ここまで歩くのがしんどい方には出口前に駐車場がありますので車で移動する手もあります。


ミニSL乗り場は蜂ヶ峯総合公園の端になります。

ひと通り散策したので来た道を引き返すことにしました。


恐竜が気になる長男。


管理棟前ではバラが販売されていました。

1鉢2,500円が高いのか安いのか、私にはサッパリ分りません。


最初はアスレチックも遊ぶ!と言っていた子どもたちですが、子ども広場からミニSLまで体験し疲れた様子。

最後にミニ動物園で遊んで、次の目的地である宮浜温泉へ向かいました。


今回お出かけした蜂ヶ峯総合公園は山口県玖珂郡和木町にあります。

広島市内から行かれる場合、高速道路を利用すればあっと言う間ですが、一般道・国道2号線西バイパス経由でも1時間少々で行けます。

公園はとても広く、端から端まで遊びながら歩くと半日はかかります。途中、坂道や足場の悪い場所もあるのでおじいちゃん・おばあちゃんと一緒に行くときは事前に駐車場やルートを検討しましょう。

遊具やアトラクションは小学校高学年になると若干物足りないかも知れませんが、3年生以下なら十分楽しめました。幼児連れにオススメの公園です。

自然豊かなファミリー公園 蜂ヶ峯総合公園


住所 山口県玖珂郡和木町大字瀬田紺屋作260-1
電話 0827(52)3751
駐車場 無料
アクセス 山陽自動車 岩国ICから車で20分
有料施設 ミニSL、ローラー滑り台、観覧車、アスレチックは大人・子ども共に1人300円

※1,000円で4回利用できる回数券がお得です

※ミニSL、観覧車の運転日は土・日・祝のみです。詳しくは和木町のWebサイトを参照してください




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします