山賊焼きが美味しい山口県の人気観光スポット、いろり山賊。人気の秘密はト〇レだった!?|イクメンライフハッカー

山賊焼きが美味しい山口県の人気観光スポット、いろり山賊。人気の秘密はト〇レだった!?

山口県の美味しい観光名所、いろり山賊。

いろり山賊は山口県内に3箇所あり、野外の席が多いお店、滝が流れ落ちるのを眺めながら食事ができるお店など、趣の違うお店が合計で6店舗あります。



玖珂店、錦店、周東店、いずれの山賊も高速から近いところにあり、例えば広島市内から玖珂店へ向かう場合、1時間もあれば辿り着きます。

ゴールデンウイーク中、夫婦2人で10数年ぶりにいろり山賊を訪れましたが、今回は意外と知られていない、秘密のアトラクションをお伝えしたいと思います。


いろり山賊店舗情報


玖珂店


住所 山口県岩国市玖珂町1380-1
電話 0827-82-3115
野外の席が多いのが特徴

錦店


住所 山口県岩国市錦町大野傍示峠889
電話 0827-72-2836

周東店


住所 山口県岩国市周東町西長野2354-1
電話 0827-84-3914

※場所によって店舗と営業時間が異なります


今回訪れた場所はいろり山賊玖珂店。往路は高速道路を利用せず、国道2号線経由で自宅から1時間30分少々で到着しました。

パンクのショックから、ぶっ飛ばしてません。


ゴールデンウイーク最後の休日は近場でのんびり。

考えることは同じですね。

12時過ぎのお昼時に到着したため、50分待ちでした。


玖珂店のいろり山賊は野外の席が多いのが特徴。後ほどご紹介しますが、川のほとりでいただく山賊焼きは最高です。

この日オーダーしたのは、
山賊焼き×2、
山賊むすび、
山賊手打ち二八そば、
ひちりん(牛肉の炭火焼)、で合計4,000円少々でした(たぶん)

パンクで3万円を失っていなかったら、「しちりん」はもっと上等なお肉の炭火焼メニューになっていたハズです。


炭火で豪快に焼かれる山賊焼き。

メチャいい香りがしていました。

その他、川魚であるヤマメなども炭火で焼かれます。


受付で食券を購入したら、席を探しに行きます。

空いている席を見つけたら、スタッフに食券を渡し、食事が運ばれるのを待つ形です。

新緑が気持ち良い。


50分待ちだけあって、ほとんどの席が埋まっている状態でしたが、川のほとりの席に座ることができました。ここまでの待ち時間は40分くらい。

席に着くと、すぐにお茶が運ばれてきました。


食券を渡し、料理が運ばれてくるのを待ちます。

繰り返しになりますが、山賊を訪れるのは本当に久しぶり。

独身時代に来た時は、未来の嫁さんと会話がはずんだように記憶していますが、最近は口を開けば

「会話がつまらん」

「面白くない」

とダメ出しされるので、会話少な目。

時折飛んでくる羽アリと戯れながら時間を潰しました。


20分くらいで料理が運ばれてきました。


山賊焼きです。

ウマいです。


山賊むすびです。

これもウマい。


「ひちりん」というメニューの牛肉炭火焼き。

自分で焼いて食べるのが面白い。

会話少な目の夫婦はともかく、カップルは盛り上がること間違いなしです。


また、ひちりんは821円(税込)とお手頃価格なのが魅力。写真では刺しが入っておらず、微妙に見えるかも知れませんが、野外効果かふつうに美味しいお肉でした。

しつこいですが、パンクのせいで2,268円の皇牛最高級の霜降りの焼肉(皇ロース)を我慢したのは苦い想い出です。チクショウ。


ゴールデンウイークのせいか、周りの席はじじ・ばば連れの大人数グループばかり。

夫婦2人はほとんど見かけませんでした。


会話は子どもの話が中心。

時折飛んでくるハエをどっちがやっつけるかで侃侃諤諤(かんかんがくがく)の議論を交わします。


山賊焼きは酒豪で小食の嫁さんには多かったようで、半分貰いました。

見た目ほどボリュームは無いので、男性ならペロリと食べきれると思います。


お腹が満たされた後は山賊を散策しました。

アウトドアのバーベキューとは異なる、山賊独特の雰囲気が最高です。


昼間の山賊もステキですが、夜のライトアップされた山賊も最高です。

まだ会話がはずむうちに、訪れていただければと思います。


子どもの日のイベントで使われたのか、かぶと用の特大折り紙がお持ち帰り自由になっておりました。

「日本一 山賊」がキラリと光る可愛らしいかぶとです。


お持ち帰り用の山賊焼きむすびセット。


昭和の匂いがするお土産コーナー。

こういう雰囲気、好きな人多いと思います。


よもぎ饅頭が美味しそう。


山賊焼きポテチも食べてみたい。


あれ?

嫁さんはどこ行った?


お土産コーナーの角で木刀を物色されていました。

何に使う気なのでしょうか。

刀身と私の尻を交互に見ていたのが気になります。。


そうそう、山賊の楽しいアトラクションをお伝えするのを忘れていました。

山賊人気のアトラクションはコイの池ではなく、


氷入りのトイレ。

これを溶かすのが楽しいのなんのって、頑張って3回も通いました。

何がそんなに面白いのか女性には分らないと思いますが、これ目当てに山賊を訪れているお客さんもけっこういると思います。


美味しくて楽しい、いろり山賊。

皆さんも山賊へ行かれる際はドリンクを飲みまくってくださいね。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします