知っていますか?魚屋のポップに書いてある「焼き魚用」の意味合い|イクメンライフハッカー

知っていますか?魚屋のポップに書いてある「焼き魚用」の意味合い

こんにちは。

広島のイクメン、2児のパパです。

久しぶりに広島の激安スーパー&お魚料日記。





最初に魚屋ヨタ話から。

魚屋のポップ(商品の産地や値段、調理方法が書いてある。鯵580円、刺身用!とか)に刺身用や焼き魚用とか料理方法が書いてあると思いますが、”刺身用”が書いてない魚は魚屋からのさりげない「この魚鮮度わるいから注意してね」「生で食べないでね」であるケースが多いです。

「刺身にはできません。だから焼いてください」とポップに書くわけにはいきません。なので”焼き魚用”と書く。ごくまれに焼き魚や煮魚で食べるしかないような魚もありますが、どんな料理にも使える鯛や鯵、鯖に書いてあるのは100%鮮度の提示であって、焼き魚がおいしいよと言っているわけではありません。

刺身用の魚を一匹買いして、片身刺身、残りの片身は煮魚・焼き魚。残ったアラで吸い物、鯛めしを作るのが安くて美味しい魚の買い方だと思います。以上、みんな知ってる話でした。

ノムラストアーは養殖の鯛がいつも激安


ここから中身のない魚料理日記。

お魚料理を作る日はノムラストアーを利用することが多いのですが、ノムラストアーは養殖の鯛がいつ行っても激安です。

この日買った鮮度バツグンの養殖鯛は700gで700円でした。


合わせて買った鯵は片身は刺身、残りは煮付でいただきます。

アジの煮付け?っと思われるかも知れませんが、アジは煮魚でもウマいのです。


刺身用の鯵でお試しください。


長崎産のアジ。

脂が乗ってウマい。


愛媛産の養殖の鯛。

身がプルプルです。


切って直ぐなのでホントにプルプル。

パックになった既製品の刺身、切って数時間経過した刺身とは一味ちがいます。


こちらは煮魚奉行の長男。

「今日何が食べたい?」

「にざかな!」

5歳なのに煮魚が大好きで、鯛のアラも上手に”握り箸”で綺麗に食べます。


子ども用の刺身。

大人用との違いは大きさがオチビサイズ、脂が強烈なところは避けて、コリコリの刺身が喉に詰まらないよう裏側に隠し包丁が入っています。


子どもを魚好きにするのはメンドクサイ。

以上、お魚料理日記でした。



いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします