2016年初滑りは瑞穂ハイランド。15時から22時まで滑れるナイター券が安くてお得?|イクメンライフハッカー

2016年初滑りは瑞穂ハイランド。15時から22時まで滑れるナイター券が安くてお得?

こんにちは。料理ができる広島のイクメンスノーボーダー、2児のパパです。


育児ストレスと上手に付き合うためには子守りそっちのけで自分の時間も必要。かどうかは知りませんが、オッサン1人、暖冬でも比較的天然雪の積もりやすい島根県瑞穂ハイランドでスノーボードを楽しんできました。





17歳でスノーボードを始め今年で17年、記録的暖冬の影響か2016年はゲレンデデビュー以来、最も遅い初滑りです。

瑞穂ハイランドへ行った日


2016/01/16(土曜日)
天候:晴れ、瑞穂ハイランド山頂は曇り
積雪:ハイランド山頂70cm、新雪0cm
滑走可能コース:ビーチ、チェスナット、ビッグモーニング、タタミ

前々日の天候:雪
前日の天候:晴れ

この日は午前中、長女の一輪車の特訓に付き合い、自宅を出発したのはお昼過ぎ。写真は国道261号線、大朝方面へぶっ飛ばしているところです。


瑞穂ハイランドまでの高速料金


我々のように御一人様で山へ向かう者にとって高速料金は死活問題。広島市内から瑞穂ハイランドへ行く場合の高速道路料金は下記の通りです。

広島~瑞穂まで 61km 1,250円(ETC割引) 1,780円(通常料金)
広島北~瑞穂まで 39km 840円(ETC割引) 1,200円(通常料金)
千代田~瑞穂まで 26.2km 600円(ETC割引) 860円(通常料金)
大朝~瑞穂まで 11.6km 330円(ETC割引) 470円(通常料金)

今年(2016年)のような記録的な暖冬のシーズンは一般道で節約するのもアリですが、大朝から瑞穂までの一般道5号線は暖冬でも雪が残り、凍結、シャーベット、ドライ路面が混在する危険な道路。ナイターの場合、往路は大丈夫でも復路は避けた方が無難です。

とは言え久しぶりの雪道運転はワリと楽しい。


CX-5 XD(ディーゼル) FFの雪道性能


タイヤはブリヂストン ブリザック DM-V2 2015年モデル 225/65R17を履いています。

平坦な圧雪道路だけならFFで全く問題なし。
低速トルクが太く運転は楽。
凍結路面の登坂で停車すると発進できない。
低速で走る完全な凍結路面はDSC効かない。

昼夜の気温差が激しい中国地方は昼に解けた雪が夜中ガッチガチに凍るため、けっこうしんどい。


気温3度、瑞穂ハイランド手前1kmの道路には全く積雪無し。

記録的暖冬とはこのことか。


瑞穂ハイランドの安くなったリフト券(リフト料金)


2016シーズンの瑞穂ハイランドはリフト券がワリと安くなっています。去年までは一日券が5,500円だったので1日券で比較すると700円のプライスダウン。再来場割引もあり、「リフト券が高い」と瑞穂ハイランドを敬遠する理由はなくなりました。

1日券 4,800円 16:30まで
午前券 4,300円 12:00まで
午後券 4,300円 12:00から
ナイター券 2,500円 15:00~22:00

リフト券購入(引換え)時、上記各料金とは別にICカード保証料(100円)が必要。

リフト代だけ握りしめてチケット売り場に並ぶと痛い目みるよ。



瑞穂ハイランドの駐車料金(普通車)


通常営業 1,000円 / 1日
ナイター営業 500円 / 1日

ナイター営業は15:00から21:00までナイター利用で入場した場合のみ500円となります。

14:30に到着した時は30分待つのが吉。


この日は2016シーズン、初ナイターの日。15時ちょうどに到着し、駐車場は半分程度埋まっていました。写真は駐車場入口からバレーサイドに向かった図。


バレーサイド駐車場入り口は滑る


反対側。

個人的に瑞穂バレーサイドの駐車場、嫌いです。

瑞穂ハイランドサイド分れから狭い道が続くこと、駐車場の料金所手前が登坂になっていること、料金所で車が並ぶと坂道発進せざるを得ないこと(FFにはキツイ)駐車場が斜めになっているため、隣の車がガサツだと強烈なドアパンチをお見舞いされること等々。

アクセスの便利な瑞穂ハイランド唯一のキズ。


2016年初滑り


15時15分、ナイター券を購入しリフトへ。

何度来ても山頂からの景色は素晴らしい。

シーズン初めは特にスバラシイ。

来てよかった。


瑞穂ハイランドと恐羅漢の雪質


昨日は降雪無し(新雪0cm)、道中ほぼ晴天だったので期待していませんでしたが、さすがは瑞穂。最初に滑ったビーチは雪質なかなか良かったです。

荒れた不整地も少なく、段差やアイスバーンもなし。

雪質の良いスキー場として、瑞穂か恐羅漢で迷ったらコンディションの悪い日は瑞穂を選ぶ方が無難です。恐羅漢の方が晴天率が高く、同条件の日に恐羅漢へ行くと不整地多め、アイスバーン有りとゲレンデコンディションだけで比較すると6:4で瑞穂の勝ち。

混雑嫌いな人は恐羅漢の方がおすすめです。


ビーチ。

初心者コースのため、メッチャ緩い。

貸切りのように見えますが、写真を盛っているだけで、


ビーチベースのリフトから見るとこんな感じ。

初心者比率が高いので流れが悪く、座り込みも多いです。


ビーチ山頂に向かって左側のコース。

名前忘れました。



斜度が緩すぎますがナイター券でビーチが滑れるのは16:30分までのため、時間いっぱいまで気持ちよく流しました。



ビックモーニング下りで気絶する


バレーサイド、タタミベースに移動。

ここで事件が、、というか死にかけました。


16:20分、ビーチ山頂からビックモーニングを滑ってバレーサイドへ向かおうとすると、、



クローズ



マジかよっ!とアホ面ブラ下げていると、

スタッフ 「ナイターの方、バレーサイドに駐車された方はリフトで降りてくださ~い」



冗談じゃない。

私は重度の高所恐怖症。

登りはともかく、トップから下りのリフトなんぞ乗ったら見晴らしが良すぎて恐怖感100倍、オシッコもらしてしまいます。

とは言え降りるしかバレーサイドに向かうすべがありません。

漏らさないよう股間を握り、視線は真横(近くを見た方が高さを感じない)、心を強く持ちネコの足の裏のニオイを想像するという現実逃避の術で何とか下ることができました。

ホント最悪。


下りリフトで気分が悪くなったのでコーヒーブレイク。


タタミのベース付近。

若干土が出ています。


瑞穂ハイランドのナイター


16:30~17:30はゲレンデ整備のため滑ることができません。当日は積雪量も少なかったことからナイター整備時間中にグルーミング(圧雪)は実施されませんでしたが、過去ハイシーズンにナイター行った時もグルーミングは実施されなかったので基本的には行われないのかも知れません。

なのでタタミの雪面はボッコボコ。

荒地苦手な方はナイター止めた方が良いかも。


荒れているとは言え雪質はワリと良い。


空いています。


それなりに満足した19時30分に終了。

帰り道は瑞穂~大朝間のみ高速道路を利用し、以降は一般道経由で帰宅しました。



いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします