煮魚を食べるときは目、顔のほほ肉、クチビル、カマ、ハラミの順で食べる5歳児|イクメンライフハッカー

煮魚を食べるときは目、顔のほほ肉、クチビル、カマ、ハラミの順で食べる5歳児

こんにちは。広島のイクメン2児のパパです。

どうでもいい日記、第2弾です。

ウチの子どもたち、特に5歳の長男は煮魚が大好きで、脂が乗った新鮮な魚を甘辛く煮つけると、「おい!ワシの分が残っとらんじゃないか~!」と思わずガックリするほどよく食べます。






”旨い魚”であれば魚の種類は何でもよく、鯛、メバル、脂が乗った鯖などは1人で2匹分ペロリと平らげます。

子どもの味覚は優れている、の定説通り魚のおいしいところを知っており、煮魚を食べるときは目、顔のほほ肉、クチビル、カマ、ハラミの順で食べ進め、その後に体の身を食べるというオッサン顔負けの魚食いのオチビ。


この日の魚は新鮮なバダイ(コショウダイともいう)というマイナーな魚でしたが、夕飯のおかずに煮魚があるということを知った長男は

「きょうのごはん、なに?」

「さかな?!」

「よっしゃーーー!」


長男が食べた後の魚は骨とカスだけ。

いつも通り、握りばしでキレイに食べていました。

次回の煮魚はもうじき旬が終わるサバ、もしくはカレイの予定ですよ、オチビさん。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします