子ども連れにおすすめ!500円玉一枚で楽しむブラリ道後温泉街の旅【松山観光】|イクメンライフハッカー

子ども連れにおすすめ!500円玉一枚で楽しむブラリ道後温泉街の旅【松山観光】

こんにちは。広島のイクメン、2児のパパです。

広島県から高速道路を使えば片道3時間で行ける愛媛県松山市の道後温泉。





無類の温泉好きのため、毎年3回以上、免許を取得してから50回以上は松山を訪れ温泉街を徘徊した私は松山市民以上に道後の魅力を知り尽くした「道後観光のプロふぇっしょなる」です。

GWや秋の行楽シーズンは人混みでイモを洗うような道後温泉ですが、閑散期の11月下旬から12月は空いていて子ども連れ観光に最適。

道後温泉に入り浸るもよし、カラクリ時計をみながら足湯につかるもよし、坊ちゃん列車に乗るもよし、自分で歩くのがメンドクサイ方はお金の力で人力車観光をするもよし。

子どもから金持ちまで、老若男女みんなが楽しめる道後温泉ですが、今回は道後温泉非公認観光大使の私が500円玉一枚ぽっきりで楽しめる道後温泉街の満喫方法をお伝えします!


高速道路でCX-5の加速を満喫する


500円玉一枚ぽっきりで楽しむ道後温泉街、、の前に恒例のCX-5よもやま話。

今回はCX-5の高速道路の走り編です。

広島から高速道路で道後温泉へ行く場合、広島IC-今治間の距離は約140km(ETC休日割引料金 3,810円)、今治から松山市道後までは一般道で約1時間程度の行程。

途中の高速道路の上り線、高坂パーキングエリア付近の上り坂(山陽自動車道最高地点、標高375メートル)と、しまなみ海道に点在する追越し車線はCX-5の中間加速を堪能するお楽しみスポットになっており、2,000ccクラスのガソリンエンジンでは正直しんどい登り坂も、余裕しゃくしゃくで走ることができます。

CX-5 XD(ディーゼル)のエンジン、SKYACTIV-D 2.2は排気量2.2L、最高出力175馬力(4500回転)、最大トルク42.8kgm(2000回転)、JC08モード燃費18.4km/lのスペック。

100km/hの回転数は1,800回転程度で、高速道路で利用頻度の高い80km/hからの加速は低回転から発生する42.8kgmの最大トルクを活かし、登坂をものともせず(体感的に)俊敏な走りを披露します。


極楽そのもの


CX-5が速いかどうかはネット上の0-100m加速が7秒台とか8秒台とあるように絶対的なスピードは大したことないと思います。

ただ、SUVの高い視点と重量物が加速する様は感覚的な速さが得られ、中速からの加速はトルクが示す通り背中をグイッと押す力強さがあります。

ガソリン車と違いエンジンを回す必要がなく、ちょっとだけ右足を踏み足せば高速道路のほとんどのシーンで流れをリードできるため、何キロ走っても疲れ知らず。CX-5で駆け抜ける高速道路は安楽で走る喜びに満ちたものなのでございます(おまけに風切音やロードノイズも静か!)


ここから本題の「500円玉一枚ぽっきりで楽しむ道後温泉街の話。

CX-5よもやま話で既に満足してますが、タイトル書き直すのがメンドクサイ道後の魅力を張り切ってお伝えします!


美女と足湯混浴


道後温泉と言えばカラクリ時計と足湯!

500円玉一枚で楽しむには無料の観光スポットを楽しむしかありませんが、いつも激混み、オジサンの出汁がたっぷりしみ込んだ坊ちゃん湯に入ればそれだけで500円近く失いますが、カラクリ時計横の足湯ならタダです。

しかも!

当日はOL風のお姉さんグループが足湯でほっこりされていたため、足湯混浴というオマケ付き。

OL 「お子さんと旅行ですか?」

2児のパパ 「実は道後の非公認観光大使をつとめておりまして」

OL 「なにそれ、うさんくさい」

女の子の方から話しかけてもらえるという幸運もあり、このまま「足湯で逆ナン待ちの日」にしようかと思いましたが温泉街でお買い物中の2児のママに見つかると”やっかいな事態”に陥るため、禿げるほど後ろ髪を引かれ次の名所に向かいました。

道後温泉ワンポイント:坊ちゃん湯に入ってもオッサンだらけ。足湯なら美女と足湯混浴、子どもをだしにすれば逆ナンもあり得る(嫁さんを連れていくな)


巴堂の坊ちゃん団子


続いて向かったのは道後の温泉街のほぼ真ん中にある、できたての坊ちゃん団子がお店でいただける「巴堂本店」

できたての坊ちゃん団子は1本100円(2本入りから販売)、団子1個当たり約33円とタダみたいな値段で売られており、買わなきゃ何しに道後に来たの?というレベル。

我が家の「甘い物王子」5歳の長男は巴堂の坊ちゃん団子が大好物で、道後に遊びに来た時はここで2クシいただくのが日課です。


巴堂でいただく坊ちゃん団子の魅力はこれだけじゃありません。

なんと!

1クシ100円という激安価格にもかかわらず、お茶まで出てくるのです。


甘い坊ちゃん団子には緑茶が相性抜群。

団子のおいしさが引き立ちます。


巴堂のイートインスペースは長椅子が2つのみのため、「足湯混浴逆ナン待ち」が不発だった方は一日中坊ちゃん団子を食べながら「坊ちゃん団子合席待ち」で出会いを待つのもよし。

甘い物好きの幼児から邪なオジサンまで、みんなが楽しめるの巴堂です。行ってみてね!

道後温泉ワンポイント:ジャンボ坊ちゃん団子は思ったほどおいしくない


さ~、勢いに乗っていっちゃいますよ~

500円玉一枚で楽しむ道後温泉街、続いての名所はこの方に聞いてみました!

2児のパパ 「つぎ行ってみたいところある?」

2児のパパ 「楽しくてお金が掛からないところ限定で」

長男 「えっとね~」



長男 「アイスもなか!」


六時屋の100円アイスもなか


道後観光を楽しまれているみなさん。

朗報です。

毎月6日は六時屋の日。通常130円もするアイスもなかですが、なんっと!!!100円でいただけるのです。

しかも!


六時屋さんではこのように広ーいスペースで買ったものをいただくことができるのです。

旅の疲れを癒すには食べ歩きよりも食べすわり。

良い子は座って食べましょう。


アイスもなかはアッサリとしたバニラ味で、サクサクのもなかと相性抜群。

甘さ控えめなのでお腹が減っていなくてもペロリと食べることができます。

道後温泉ワンポイント:道後地ビールはけっこう苦い


500円玉一枚で楽しむ道後温泉街、まだまだお伝えしたいことは3,000個所くらいありますが、次がラスト。

2児のパパ 「よし、お腹がいっぱいになったところでオススメ情報を教えてくれる?」

長男 「えっとね~」


長男 「まんじゅう!」


道後のお菓子


甘党の長男は「まんじゅうなら何でもいい」ということで、その場で食べれる六時屋のタルトをいただきました(100円ちょっと)

道後の温泉街では六時屋のタルトの他にポエムなど1個100円で食べれるお菓子が多数ありますので、お気に入りのお菓子を探してみてくださいね。

道後温泉ワンポイント:幼児にはタルトよりポエムの方が高評価


オマケ


美女との足湯混浴にお茶付団子。とっても魅力的な道後の温泉街ですが、私には長男が0歳の頃から抱っこで歩いた道を一緒に散歩するのが、なによりの楽しい時間でした。

以上、道後の観光大使がお伝えしました~


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします