洗車が大変なCX-5にはボディコーティング MGシリーズの施工がおすすめです|イクメンライフハッカー

洗車が大変なCX-5にはボディコーティング MGシリーズの施工がおすすめです

こんにちは。広島のイクメン、2児のパパです。

ヒマを持て余したオッサンが天気の良い休日にすることと言えば、「洗車」





ものぐさな私はCX-5にボディコーティング MGシリーズMG5を施工しておりますが、ボディコーティング MGの光沢と撥水性脳は素晴らしく、普段のメンテナンスは水洗い程度で済むため5年間の保証付で64,800円という価格はバーゲンプライスと言っても過言ではありません。

宣伝通り水とスポンジで汚れを洗い流すだけでピカピカのCX-5に戻りました。光沢と撥水性の効果抜群、背が高くて洗車が大変なマツダCX-5にはボディコーティング MGシリーズがおすすめです。

CX-5 ボディコーティング MGシリーズ


塗装保護というと「ワックス」が一般的ですが、「ワックス」は塗装面の上に一時的な油膜を形成するもので、耐久性や硬度に優れません。「ボディコーティング」とはクルマのボディに特殊な液剤を塗布することで被膜を形成し、長期間新車時の輝きを維持すると同時に、傷や汚れをつきにくくする処理です。 
独自開発のガラス系コート剤を使用しているマツダのボディコーティングMGシリーズが、きらめくような光沢と深く質感のあるツヤ、そして撥水性能をおクルマに持たせます。硬質のガラス系被膜は、劣化しにくく、キズも付きにくく、そして汚れも落としやすいので、普段のお手入れは水洗い程度で大丈夫。洗車機もご使用になれます。

出典 マツダ公式Webサイト ボディコーティング MGシリーズ


ここからはいつものダラダラ日記。

そんなにヒマじゃない私はこの日の午前中は幼稚園のバザー、午後からは近所の神社の秋祭り&餅まきイベントに参加。それから夕飯作り。下の子が5歳にもなると子守りの手が掛からないのが嬉しいような寂しいような。


子どもたちは出店を満喫していました。


夜ご飯は刺身と肉。


薬味が無かったので家庭菜園で緑色のはっぱを採取。


あると便利な青ネギも数本ゲット。


鯛の皮と刺身の切れ端でツマミを一品。こういうの好きです。


本日の刺身盛り合わせ。

一晩寝かせた天然ブリ、今が旬の秋刀魚(しかも1匹100円)、養殖の鯛は切り方や湯引きにすることで飽きないように造りました。


天然のブリは初日よりも一晩寝かせた方が味が引き立ちます。

脂が本格的に乗るのは11月の後半からですね。


100円の秋刀魚は2本分もあれば余るくらい造れます。


「パパ~、タイにかわがついてるよ」

皮と身の間がおいしいのですよ、オチビさん。


プリプリの鯛は子どもたちに大好評。いつも通り、私の取り分は食べ残しの残りカスが数枚です。


本日のお肉。

ひっさしぶりの宮崎A5


お腹いっぱい魚とお肉を食べてまんぷく満足。

マツダCX-5のボディーコーティングMG5とお家ご飯は最高です。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします