取り付けかんたん!ドッペルギャンガーのキックスタンド、DKS102-BK購入レポート|イクメンライフハッカー

取り付けかんたん!ドッペルギャンガーのキックスタンド、DKS102-BK購入レポート

こんにちは。広島のイクメン、2児のパパです。

通勤用自転車、ビーズ DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 404 Not Foundのキックスタンドを購入したのでレポートしておきます。





ドッペルギャンガーのキックスタンド、DKS102-BK購入経緯


ドッペルギャンガーの自転車は購入して2年近く経過していますが、標準ではスタンドが付いていません。自宅、会社ともラック型のスタンドが設置してあるのでスタンドが無い状態で乗っていました。

自宅と会社の往復程度では特に不便を感じていませんでしたが、このたび会社の駐輪スペースがラック型スタンドのないスペースへ変わったため、キックスタンドを購入しました。


これで会社帰りに寄り道し放題。


DKS102-BKの内容


楽天で購入したドッペルギャンガーのキックスタンド、DKS102-BKの内容はこんな感じ。

取説とキックスタンド本体、ラバーシートが入っています。

特にこだわりはないので、今回は相性を考えドッペルギャンガーのキックスタンドを購入しました。


ドッペルギャンガーの自転車とスタンドの相性


クロスバイク用の後付けスタンドはちゃんと自転車に取り付けられるか”相性”が気になりますが私の通勤用自転車、ビーズ DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 404 Not Foundはセンタースタンドが付けられるようなスペースがありません。

もしかしたらここに付けられるのかも知れませんが、無難にキックスタンドにしておきました。


ドッペルギャンガーの自転車にキックスタンドを取り付け


ではさっそくドッペルギャンガーのキックスタンド、DKS102-BKを取り付けていきます。


最初にスタンド固定部分のネジを六角レンチで外します。

※DKS102-BKに六角レンチは付属していません


自転車のフレームを挟み込む部分に付属のラバーシートを張り付けます。

取扱い説明書にラバーシートの貼り付けは任意と記載されていましたが、スタンドが動くのは困るので貼っておきます。


キックスタンドの取り付け場所は後輪の少し前側あたり。

自分でもビックリするぐらい、汚い自転車です。。


ビーズ DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 404 Not Foundにキックスタンド、DKS102-BKを取り付けるとこんな感じです。自転車とキックスタンドの相性は問題なく、ガッチリ取り付けることができました。一般的な形状のフレームなら問題なく使えると思います。


六角レンチでスタンドの挟み込み部分を思いっきり締め付けていると、「ピキッ!」という嫌な音が聞こえましたが、気にしないことにします。


ドッペルギャンガーのキックスタンド、DKS102-BKは足の長さがアジャストできるので少し足を伸ばして取り付け完了。

スタンドを使って立たせた時の安定感も良く、満足できる買い物でした。


ドッペルギャンガーのキックスタンド、DKS102-BKまとめ


DOPPELGANGER 404 Not Foundとの相性:良い

取り付け時間所要:15分

材質:アルミニウム合金「6061-T6」

取り付け可能自転車:直径約10 - 23mmのチェーンステー

アジャスト(伸縮)可能範囲:95mm

必要な道具:3㎜六角レンチ、5mm六角レンチ

キックした感じ:普通

スタンド剛性感:普通

スタンド安定感:スタンド底部の滑り止めが心もとない

その他:「ピキッ」っとなるまで締め上げるな


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします