子どもに畑作業を体験させたいと考えているみなさん。幼児の畑作業は正直こんなものです【家庭菜園日記】|イクメンライフハッカー

子どもに畑作業を体験させたいと考えているみなさん。幼児の畑作業は正直こんなものです【家庭菜園日記】

こんにちは、2児のパパです。

”畑作業を通じてさまざまなことを学んで貰いたい”

親のエゴ丸出しでレンタルしている子どもたちの家庭菜園ですが、物事はそんなにうまいこと進みません。楽しければ夢中になり、つまらなければやる気なし。それが子どもです。




紅オクラと青ジソを収穫


ということでこの日畑でがんばったのはこの私。

子どもたちに代って汗と鼻水を垂らしながら作物を収穫しました。


何かと便利な青ジソはご覧のとおり雑草のように茂っています。

スーパーで買うと無意味に高いですよね。


青ジソを収穫していたら葉の裏にカメムシが潜んでいました。

手からほのかな刺激臭がただよいます。


青ネギを収穫


カメムシ臭い手で青ネギも収穫。

アブラムシがうじゃうじゃ付いています。


エダマメを収穫


ビールのツマミ用にエダマメもぶっこ抜きます。

カメムシ、蛾、アリ、テントウ虫とこちらも虫がうじゃうじゃ。


この日収穫した野菜はこんな感じ。


子どもたちの畑作業


収穫が終わったところで昆虫採集中の長男が戻ってきました。

エダマメをカットした後、廃棄するため葉っぱを踏んでコンパクトにする作業を担当します。


ザルの外で踏んでくれ。


長男が奮闘しているあいだ、長女はトンボと格闘中。

私がトンボだったら(酷い目に合わされるので)絶対に捕まりたくありません。


炎天下の中、超絶めんどくさいエダマメのカット作業が完了しました。

農業に近道はありません。


ミニトマトを収穫


トンボ狩りに飽きた後、義父の畑で食べごろに育ったミニトマトを収穫する長女。

農業にも近道がありました。


勝手に収穫したお詫びに身近な道具で義父の野菜に水をあげる長女。

いろいろ間違っている気がしますが、楽しければそれでよし。

子どもの畑作業は正直こんなものです。。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします