松山家族旅行3日目、激安かんきつ類のお店としまなみ海道「大三島」の隠れた名店を教えます|イクメンライフハッカー

松山家族旅行3日目、激安かんきつ類のお店としまなみ海道「大三島」の隠れた名店を教えます

こんちには、2児のパパです。

松山家族旅行記の最後は美味しいかんきつ類が買える松山市おすすめの道の駅と、「は、か、た、の、しお!」で有名な伯方の塩工場、大三島の隠れた名店をご紹介します。


道の駅ふわり


住所 愛媛県松山市大浦119


国道196号線沿いにある道の駅ふわりは新鮮な魚、野菜、果物が手に入るとっても魅力的な道の駅。展望台からの眺めもよいので子ども連れで休憩するにもピッタリです。


道の駅ふわりは鮮魚のレベルがすげぇ


道の駅ふわりはスゴイところがたくさんあります。1つ目は北条沖、斉灘でとれた新鮮な魚介類の魚屋さん。新鮮どころか店内には大きな生けすもあるので、私のようなお魚マニアは水族館気分で楽しめます。

魚なんかいらなくても、とりあえずのぞいて見てくださいね。


プルプルのオコゼは2匹で1,200円。

刺身で2~3人前はいけるサイズです。やっす!


特大の天然鯛は刺身用のブロックが500円前後と買いやすい価格。松山観光の帰りに立ち寄って、夕飯のお刺身材料を買って帰るのもアリです。

クッソでかいワタリガニや地ダコも魅力的でした。。


道の駅ふわりは果物のレベルがすげぇ


道の駅ふわりのスゴイところ2つ目。元魚屋の私から見ても結構レベルの高いお魚屋さんがある道の駅ふわりですが、もっとスゴイのは季節のお買い得なくだもの。

だいだい道の駅とかで売っている野菜やくだものはけっこう安いのですが、主婦顔負けに激安スーパーを徘徊する私も思わずうなるほどの安さです。


みかんは道後のお土産ショップの半額!?


こちらの「はるか」と「デコポン」はこれだけ入ってなんと700円!

易さの秘密は形が不揃いだったり、皮が汚くなっていたりという事情はありますが、贈答用にするのでなければ見た目関係なし。

道後のアケードのみかん屋さんで買ったら1個100円が相場なので、半額以下で購入できる計算です。

道の駅ふわり、すげぇえええ!


「そんな安物、おいしいわけねーだろ!」

という罵声と怒号が聞こえてきたのでデコポンのジューシーさをお見せします。


1袋700円のデコポンは形がブサイクだったり、ひっくり返すとお尻が汚かったりと見た目はダメダメですが、、

※左の小さいデコポンは別のお店で買ったデコポン


中身はめっちゃくちゃジューシー。

デコポンは皮が薄く子どもでもそのまま食べれるので、イチイチかんきつの皮をむくヒマのない子育て世代におすすめです。

その他にも道の駅ふわりは魅力的な特産品がいっぱいありますので、子ども連れのみなさんはぜひ立ち寄ってみてくださいね~


大三島の道の駅、みしま


道の駅ふわりで休憩した次は子どもたちのリクエストで伯方の塩工場へ向かいました。

その前に道の駅みしまに車をとめてランチタイム。

住所 愛媛県今治市大三島町宮浦5119-2



大三島のお食事処、大漁へ


ランチのお店は激安海鮮丼の人気店、大漁。観光客で常に行列ができる人気のお店です。

春休み中とはいえ平日なので入れるかな~っと思ったら、やっぱり受付終了してました。ちっくしょー


せとうち茶屋


海鮮丼にありつくことはできませんでしたが、子どもたちに何か食べさせないとブチ切れされます。お店をチンタラ選り好みしてるヒマはないのでお隣のせとうち茶屋という食事処へ向かいました。

瀬戸内海汽船グループのお店なので、ローカル感はありません。しかも混雑時はご飯が出てくるまでメッチャ長いです。


子どもたちはうどんセット、私はアナゴ御膳をいただきました。


けっこう美味しいですが、1,850円もするんですよね、これ。

家族分となると楽勝で5,000円オーバー。前日までの無駄使いも加わり、お財布がご臨終です。


大三島の隠れた名店


伯方の塩工場、の前に大山祇神社横の無人販売所へ。


ここは小袋に入ったかんきつ類が超お買い得価格で購入できる知る人ぞ知る名店です。

ドライブ中に小腹が空いたときにもぴったりなので、とりあえず2、3個買っておきましょう。

※タイトルの名店はこちらのお店のことです


ついでに道の駅みしまも立ち寄ってみました。


かんきつ類は道の駅ふわりの方がちょっと安い、という感じです。



ここでは美味しそうな無農薬栽培のレモンがあったので買ってみました。

無農薬なので絵にかいたようなレモンの色とは違いますが、酸味控えめでめっちゃ食べやすい。このレモンと炭酸水、焼酎で作るレモンハイは激ウマです。


子ども連れにおすすめ!伯方の塩工場


伯方の塩工場で最初にするのはこれ、「は、か、た、の、しお!」です。


子どもたちは塩ソフトクリームの事しか考えていませんが、楽器で遊べ、工場見学(無料)、塩石鹸の体験、ミニ展望台からの景色など、伯方の塩工場はしまなみ海道1番の子ども向けおすすめの観光スポットです。マジでね。


伯方の塩工場、工場見学概要


所在地 愛媛県今治市大三島町台(うてな)32番地

工場見学時間 9時~15時半(見学は16時まで)

費用 無料

見学所要時間 20分~40分 ※特にガイドはありません


伯方の塩工場見学は無料なのに試供品の塩がいただけるというお得な工場見学ですが、工場裏側の塩田を見学した人には追加で「されど塩」という超高級塩がいただけます。

この「されど塩」は伯方の塩工場で販売される、150g/540円の塩。1キロあたりにすると3,000円以上の高級塩です。

伯方の塩工場、すげぇえええ!


今回の家族旅行は松山市周辺と、何度か行ったことのある、しまなみ海道大三島の観光でしたが、初めてのところはドキドキ、ワクワク、一度行ったことがあるところは勝手知ったる感じで得意そうに遊んでいた子どもたち。

無料の観光スポット中心で若干セコい感じもただよいますが、安くて楽しめるので子どもを連れて行ってみてくださいね~


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします