男の子のおもちゃはBRIO!アナログ系のおもちゃで子どもとの充実した時間を手に入れましょう|イクメンライフハッカー

男の子のおもちゃはBRIO!アナログ系のおもちゃで子どもとの充実した時間を手に入れましょう

こんにちは。

2児のパパです。

最近の日課は仕事から帰宅して子どもたちをお風呂に入れることと、食事を食べながらの子どもたちのあそび相手。



ご飯を食べながら、LINEのツムツムを一緒にしたり、レゴでロボットを作ったり、くちからご飯つぶをとばしながら絵本を読んだりなど、精力的に子どもたちの相手をしております。

ホントですよ。


おなじ子どものあそびでも精神衛生上よろしくないような気がするツムツム(やYouTubeの動画)に対し、気持ちよくあそべるのが昔ながらのアナログなおもちゃ。

子どもが手と頭をつかっている姿がよくわかるブロックやパズル、積み木あそびはわたしも一緒にたのしむことができます。ハイ、完全な自己満足です。


4歳にもなると、親としてさみしくない程度に手離れしているので適度にレクチャーすれば自分で考えながらあそびますし、首をひねりながらがんばっている姿は見ているだけでご飯がすすみます。


小さな部品を小さな手でくっつけている姿も最高。見ているだけであきません。


「こっちにつけて、、」

「あれ?」

「ぶひんがたりん・・・」

考えていることを口に出してくれるのもわたしの満足度を高くするポイント。

どの程度ハマっているか自分で実況中継してくれるので、チンジャオロースを食べながらでも十分相手をすることができます。


本題から外れますが、この写真ノイズひどすぎw

ご飯を食べながらEos Kiss x7 + EF24-70mm F4L IS USMで撮影しましたがEos Kiss x7のISO3200は最悪ですね。

1600でもギリでアウト、、チンジャオロースの脂がレンズにべっとりついたので完全アウトです。


幼児のあそびは一触即発。

集中していると思ったら、できないと機嫌が悪くなったり。


でも10秒後にはゲラゲラ笑っているんですよね。


ご飯を食べ終わったあとは、出来上がったばかりの「おしりかじりバズーカ」(長男命名)で尻をはさまれたり、バムとケロのお買い物を何回も読まされたり。


声がかれて本が読めなくなったところで読み聞かせは終了。

寝かしつけは「ママのほうがすき!」という理由で出番がないため、バラエティー番組を見ながら冷めた肉じゃがをいただきました。

食べながらのあそび相手と読み聞かせはご飯も冷めるし正直めんどくさいですが、ツムツムばかりするのはダメでございます。



いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします