庭でカツオのわら焼き(カツオのタタキ)を作った結果、どえらい目に合いました|イクメンライフハッカー

庭でカツオのわら焼き(カツオのタタキ)を作った結果、どえらい目に合いました

わら焼の香ばしさが脂の乗ったカツオのうまみを引き立てる、カツオのわら焼き(カツオのタタキ)



わらの強力な火力はカツオの表面をカリっと焼き上げ、大量の煙がカツオの生臭さを消してくれます。わら独特の香りがカツオに香ばしい風味を与えてくれることから、最もおいしいカツオのタタキと言える「カツオのわら焼き」

安直な気持ちでやってみた結果、どえらい目にあいました。

食育の基本はなんでもやってみること


子どもたちと一緒にお寿司を握ってみたり、


スーパーで見つけた、パックの中でジタバタするエビを活きたまま食べてみたり、


ヒゲを引っ張ってあそんでみたりw

食育はなんでもやって、試してみることが基本です。


カツオのわら焼きに挑戦してみる


スーパーでたまたま活きのいいカツオ(筋カツオ)を見つけたため、バーベキューのついでに「カツオのわら焼き」にチャレンジしてみることにしました。

まずはわらに火を付けるための炭を起こします。


わらは嫁さんの実家の縁側に転がっていたものを拝借。


炭はいい感じに火が付いてきました。


団扇を使って炭に火を入れていきます。


カツオのわら焼きの作り方


カツオのわら焼きを作るのは簡単(と思ってました)、わらでカツオを焼くだけです。

焼いたカツオをさます氷水を用意して、


柵取りしたカツオを焼いていきます。


カツオをわらで焼いていく


炭の上にわらを乗せ、


わらに火が付いたらカツオを投入。本当は焼き串を使ってわら焼きにしたかったのですが、どこにしまったのか分からず、諦めました。


「ゲホッ!ゲホッ!!」


むせる長女。

煙で前が見えません。

最悪です。

※いったん撮影を断念しました


カツオのわら焼きを食べた感想


煙が落ち着いた所でひっくり返すとこんな感じでした。

頭の方としっぽの方で焼き加減に差がありますが、何も見えなかったので仕方無し。

肝心のわら焼きの味については、ビールを飲み過ぎ覚えていませんw


カツオのわら焼きより美味しい、自家製ネギの一本焼き


カツオの記憶はあいまいですが、はっきりと味を覚えているのは家庭菜園の達人、じぃじ(義父)の畑で収穫した自家製ネギの味。

無農薬の有機栽培、ネギに集まる青虫を踏み潰しながら手塩にかけて(じぃじが)育てた白ネギは、わら焼きのカツオよりも数段甘く、ほのかに香る香ばしさが絶品でした。

あまりに美味しかったので酔っ払ったついでに(じぃじの)畑から追加で5本ぶっこ抜き、お腹いっぱいになるまで焼きネギを堪能。

冬のバーベキューには、わら焼きのカツオよりネギの一本焼きがおすすめです。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします