男性の育児参加を応援する取り組みにモノ申す!【イクメン企業同盟ひろしま】|イクメンライフハッカー

男性の育児参加を応援する取り組みにモノ申す!【イクメン企業同盟ひろしま】

広島で男性の育児参加を応援する取り組み、「イクメン企業同盟ひろしま」が盛り上がっているようですが、何がしたいのかWebサイトを見ても良く分かりませんでした。以下、Googleのペナルティー覚悟で「イクメン企業同盟ひろしま」の公式サイトから趣旨と活動内容を全文引用します。




イクメン企業同盟とは?

女性の社会参画を促進し、安心して仕事と子育てを両立できる環境を整備するためには、男性の育児参加が欠かせません。
しかし、子育て期の男性の労働時間は長く、育児・家事時間は短いのが現状です。
そこで、男性の育児参加を応援し、働き方の見直しに取り組む企業経営者で構成する「イクメン企業同盟(イクメンを応援する企業経営者の同盟)」を結成し、企業ぐるみでイクメンを増やす取組を加速するとともに、社会全体の男性の意識改革や行動変容を促すことにより、男性も積極的に育児に参加する社会をつくっていきたいと考えています。
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/ikumen/より引用


活動内容

・企業経営者の意識改革や職場の働き方の見直しを行うための広報活動
・自社のイクメン推進の取組紹介や県内企業への普及
・男性の育児休業取得を促進するための活動
・社会全体の男性の意識改革や行動変容を促すための活動 など
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/ikumen/より引用


宣言文

少子化が進み、社会を支える生産年齢人口が減少していく中、広島県の合計特殊出生率は上昇傾向にあり、子育てしやすい広島県の実現に向け、着実に歩みを進めています。
これは、子育て家庭にやさしいサービスの提供など、企業が率先して子育てをサポートする取組を進めてきた成果の現れです。
こうした取組の成果に加え、男性が積極的に育児に参加し、子育てと仕事を男女がともに担う環境を整えることにより、企業も社会も活性化し、さらなる広島県の成長につながると確信します。
我々経営者は、会社の働き方の見直しに取り組み、男性の育児参加を応援します。
そして、その取組を、社会に広げ、男女がともに子育てと仕事を両立し、日常の暮らしや育児の楽しさを共有できる社会の実現をめざします。
今こそ、行動しよう!企業を変えよう!社会を変えよう!
ここに、我々は「イクメン企業同盟」の結成を宣言します。
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/ikumen/より引用


引用ここまで


イクメンを応援する企業への提案


僭越ならが広島のイクメンとして最も出生率が向上し、男性の育児参加を整える提案をさせて頂きたいと思います。

・子育て世代の手取り給与を上げる
・子育て世代の残業時間を減らす(残業時間に依存しない賃金体系にする)

意識改革や何を見直すのか良く分からない施策と違い、絶対に効果の出る子育て支援対策はこの2つで十分です。

今時のお父さんは一昔前と違い子育て談義は当たり前、誰もがたくさんの時間を子どもと過ごしたいと(たぶん)考えています。


男性の育児参加以前に子どもと過ごす時間を削り母親がパートせざるを得ない状況の方を支援して頂きたい。

以上、ただの寝言でした。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします