子ども×家庭菜園☆切って抜いて堀まくる、畑のルールはオレたちだ!|イクメンライフハッカー

子ども×家庭菜園☆切って抜いて堀まくる、畑のルールはオレたちだ!

月額500円で借りている子どもたち用の畑。

兄妹で1株ずつ植えたブロッコリーは子どもたちの顔より大きく育ちました。




「ママにみせてあげるんだ」


「くぅっっっっさ!!!」

4歳の子どもに青くさいという表現は難しい様子。



「パパの好きなネギ、きっといてあげるね」

心やさしい長男に刈り取られたネギ。

再生可能なネギ畑にはペンペン草一つ残っていませんでした・・・


2児のパパ:「どこへ行くの?」



長男:「モンシロチョウみつけた!」


野菜を引き抜くのが大好きな子どもたち、ニンジンが収穫できるのはまだまだ先。


じゃがいもが掘れるのも、もう少し先。




ずぼっ!



ぶっこ抜ける野菜がなかったので、じぃじの畑で食べ頃に育っていたカブを勝手に抜いてみました。


美味しそうなカブを大量にゲット。



あたまから土をかぶって収穫作業は完了。


収穫作業に満足した子どもたちは砂遊びを始めました。


2児のパパ:「なにしているの?」


長男:「たがやしてるんだよ」


2児のパパ:「なにしているの?」


長男:「ほってるの!」


2児のパパ:「なにしているの?」

長男:「ホィホ~イ!!」

楽しそうでなによりです。


2児のパパ:「なにしているの?」

長男:「ミミズをにがしてあげるの」

お昼寝中のミミズ君、柔らかい畑の土から掘り起こされ、カッチカチの砂の上に強制退去。


2児のパパ:「なにしているの?」

長男:「つちをきってるの」


「イモムシを先に3匹ふんだらかちね!」

子どもたちの家庭菜園は今日も平和です。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします