シャッターが切れない!「Err01カメラとレンズの通信不良」が頻発するEF50mm F1.8 IIを修理に出した結果|イクメンライフハッカー

シャッターが切れない!「Err01カメラとレンズの通信不良」が頻発するEF50mm F1.8 IIを修理に出した結果

結論から言うと、何ごともなかったように復活しました。




単焦点ならではのボケ味が楽しめる激安単焦点レンズ


EOS Kiss X7 ダブルレンズキットのボケ具合が若干期待外れだったので購入した激安単焦点レンズ、EF50mm F1.8 II。

まきえとの評判通り、ド素人でもボケボケの写真が撮れるので子供たちと出かけるときはデフォルトでEF50mm F1.8 IIを使用しています。



「Err01カメラとレンズの通信不良」が発生


子供たちのおもちゃにもなるEOS Kiss X7、手荒に扱われるせいか、2週間前からときどき「Err01カメラとレンズの通信不良」が発生するようになりました。

「Err01カメラとレンズの通信不良」が発生するタイミングはランダムで、電源を入れた直後に多いような気もすれば、屋内撮影時に連続発生することも。レンズをつけ直すことで直ることもあれば、何度つけ直しても直らなかったり。AF/MFは関係なく、機嫌を損ねるとシャッターチャンスを逃し、非常にイラつきます。

購入して3ヶ月も経ってないので修理に出そうかと考えていましたが、調子のいい時は全く発生しないので、修理に出しても変わらないのでは、、という疑問もありました。



イラつきがMAXに


こんな感じでレンズを外し付け直すと復旧するのですが、シャッターチャンスにエラーが発生するとイラつくだけでなく、大切な瞬間を失ってしまいます。

「Err01カメラとレンズの通信不良」の原因は文字通りカメラとレンズの接合部が汚れていたり、レンズの不良等が多いようですが、まれにカメラ本体が原因であることも。うちの場合、EOS Kiss X7ダブルレンズキットに付属していたEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM、EF-S55-250mm F4-5.6 IS IIでは全く再現しないのでレンズの問題である可能性が高そうです。

だましだまし使っていましたが、発生し始めて2週間、症状が改善することもなく、イラつきがMAXに達したので修理に出すことにしました。



クレーマー?


修理に出すにあたって心配だったのは再現したりしなかったりする不具合の原因が特定できるかどうか。案の定、購入した家電量販店にカメラを持ち込んだ際は再現しませんでした。

口頭で事象を説明し、預かって貰いましたが、対応してくれた研修中と思われる女の子にクレーマーと思われていないか心配です。


2週間弱でキャノンの修理工場から帰ってきたEF50mm F1.8 II


家電量販店へ受け取りに行くと、特に説明もなく「こちらの商品ですね~」とレンズを渡されました。

アルバイトと思われる女の子にウザい客と思われるのも嫌なので、スマートに受け取り、早歩きで車へ移動。修理伝票を見てみると、予想通り異常は無かったと記載されていました。


ホンマに直っとるんか?


本当に直っているのか疑いつつ、持ってきていたEOS Kiss X7に装着し試し撮りをしてみると、とりあえず再現しませんでした。伝票に記載されていた「その他、各部を清掃いたしました」の効果なのか分かりませんが、その後は一度もエラーになっておりません。


今回の教訓


今回失敗したのは、カメラ本体であるEOS Kiss X7と単焦点レンズEF50mm F1.8 IIを異なる家電量販店で購入したこと。思い付きで購入したから、というショボイ理由なのですが、別々のお店で購入しているため、切り分けのために両方預けることも出来ず困りました。

初期不良も多い一眼レフとレンズは同じお店で購入するのがおすすめです。


復活したEF50mm F1.8 II、フレアではなく子供たちの攻撃からレンズを保護するためにレンズフードを装着しています。


子育て世代の標準レンズはキットレンズよりも単焦点レンズ。

コンパクトで携帯性に優れるEOS Kiss X7と単焦点レンズEF50mm F1.8 IIの組み合わせは、もうしばらくの間活躍してくれそうです。


EOS Kiss X7とEF50mm F1.8 IIはこんなカメラです。






いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします