これはヒドイ!道後温泉街入り口にオープンした100%生搾りジュースのお店、10×CAFEでの出来事|イクメンライフハッカー

これはヒドイ!道後温泉街入り口にオープンした100%生搾りジュースのお店、10×CAFEでの出来事

道後温泉3日目の朝。



いつものように6時に目を覚ます子供たちに手荒く起こされ、朝の散歩へ行くことになりました。電車好きの長男は坊っちゃん列車、


温泉好きの長女は道後の足湯が目当てです。


強面のオジサンに絡まれる


サングラスに金のネックレス、強面のオジサンが意外とやさしいのはお約束です。子供たちの不穏な表情を察すると、サッとサングラスを外しクレヨンしんちゃんの真似をしながら話し始める熟年夫婦。

早朝の足湯で何人もの観光客に声をかけられながら、二人仲良く足湯につかっていました。


道後の自由人


道後駅をチョロチョロ、


お金を持ってないのに人力車のお兄さんをひやかし、



道後の温泉街を入口から椿湯まで一気に駆け抜ける子供たち。


自由人な子供たちが次に狙う(カモにされる)のは美味しそうなお店の美味しそうなスィーツ。

道後の温泉街に新しくできたお店、10×CAFE 道後店のアイスキャンディーに見事に釣られていました。


10×CAFE 道後店


〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町12-34

電話番号 089-997-7810
営業時間 09:00-24:00(LO 23:00) 定休日:無し、駐車場:無し


道後温泉の10×CAFEへ行ったら絶対に味わいたいのがこちら。みかんを選び、カウンターに持ち込むとその場でジュースに絞ってくれる新しいサービス「生絞りみかん」

その場で搾りたての果汁100%ジュースが堪能できます。


みかんの季節では無かったのでみかん箱の中は少し寂しい状態でしたが、これから寒くなるにつれて種類も増えてくることでしょう。



せっかくだから生搾りみかんジュースを飲もうという私の声を子供たちは完全にムシ。

スィーツやジェラートに心を惑わされているようです。


子供たちから受けた仕打ち


挙句の果てには瓶に入ったジュースが飲みたいという子供たち。

限定品や人気商品を食べさせたいのは親のエゴかも知れませんが、だんだん腹が立ってきたので好きな物を選ばせることにしました。


電車の次にゼリーが好きな長男が選んだのはこれ。

1個400円の清見ゼリー。


もう少し酸味の少ないゼリーにすればという忠告に耳を貸さない長男。

一口食べると、、



「もういらん!」




同じく私のアドバイスに耳をかさずジェラートを選んだ長女。酸味と苦みから大人の柑橘とも呼ばれる「サンフルーツ」のジェラート、当然ながら幼児の口には合いません。


結局、私がオーダーしたシュークリームを仲良くはんぶんこした子供たち。

道後温泉街入り口にオープンした10×CAFE、子供たちから受けた仕打ちはあまりにもひどいものでした。


ママへのお土産


道端に咲いていたタンポポをママへのお土産にする長男。

ママ抜きでお出かけした時は、必ずお花を摘んで帰ります。


しまなみ海道、大三島へ


老人ホームで暮らす祖母に分かれを告げ、道後温泉を後にしました。


来島海峡SAのご飯はけっこう旨い


お昼ご飯は来島海峡SAのラーメンセット。お昼時だったこともあり、券売機の前には行列ができていました。広島ICから今治ICまでの区間では、来島海峡SAのご飯が一番美味しいと思います。たぶん。



せっかく持ってきた子供用のスプーンを使わず、特大の蓮華でタコ飯を食べる長男。

彼がいてくれると、家族には笑いが絶えません。



隣ではまたまた長女が写真を撮影中。

4歳の長男はつり橋のワイヤーがそうめんに見えるらしく、そうめん橋と名付けていました。


大三島の観光スポット、伯方の塩大三島工場へ


今治からの帰り道、長女にどこか行きたい所はあるかと尋ねると、「はかたのしお!」

ハイ、分かりました。

サンフルーツのジェラートで失敗したあなたは、伯方の塩ソフトクリームが目当てなのですね。


伯方の塩ソフトが美味しいのはもちろん、伯方の塩大三島工場の工場見学は大人が見ても楽しめます。無料で工場見学を体験でき、お土産まで頂ける伯方の塩大三島工場はしまなみ海道、大三島の人気観光スポットです。


テレビコマーシャルで有名な「は・か・た・の・しお!」の鐘は社員の手作り。

子供たちが鳴らすと微妙に音程が外れて笑えます。


美容効果もある伯方の塩石鹸を体験する子供たち。


奥道後温泉ですべすべになった肌に磨きをかけます。


伯方の塩を試食


試食に目がない長女は塩を試食・・・




伯方の塩ソフトクリーム


工場見学の後は伯方の塩ソフトを頂きました。1本ずつ無いとケンカになるからという子供たちの要望で2本かわされたソフトクリーム。ダッフィーのハンカチに豪快に垂らしながら頂きます。


せっかく来たので私も塩ソフトが食べたくなりましたが、子供たちが一口もくれないので自分用に1本追加で購入。トッピングの塩が甘さを引き立てます。


「もういらない」

塩ソフトを味わっていたら、子供たちから食べかけの塩ソフトを渡されました。

早く言えよ、、という気持ちを押さえ、解けかけの塩ソフトを大急ぎで頬張ります。


塩ソフトの後は塩水でサッパリ。0.3%でもはっきりと塩分を感じました。


伯方の塩工場の裏側へ。


伯方の塩大三島工場には「りゅうかしきしじょうかえんでん」という昔ながらの塩の製造工程を見学することができます。




仕組みはこんな感じです。


むずかしそうですね。


伯方の塩工場のお土産


見学しているとスタッフの方から来場記念の「されど塩」を頂きました。幼児分を含めて1人1つ、4つも頂いてなんだか申し訳ない気持ちに。


工場見学のお土産に貰える塩と合わせると、こんなにたくさんの伯方の塩を頂いてしまいました。


道の駅でサメと再び


伯方の塩工場の後は道の駅やお土産ショップを数件回り、最後は多々羅しまなみ公園へ。

GWに長男が噛まれたサメの干物は旨みが多く美味しいのでオススメです。


子供が成長するにつれ、より楽に、より楽しくなる家族旅行。

疲れた子供を背中に乗せて歩く家族旅行は、あと何回行けるのでしょうか。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします