子供連れに絶対おすすめ!飼育係りの真っ直ぐな姿勢が魅力の安佐動物公園バックヤードガイド【夏休みのお出かけ】|イクメンライフハッカー

子供連れに絶対おすすめ!飼育係りの真っ直ぐな姿勢が魅力の安佐動物公園バックヤードガイド【夏休みのお出かけ】

当たり前のように感じる日常も、裏側から眺めると新たな発見があります。6歳と4歳の子供を連れて、安佐動物公園のバックヤードガイドでゾウ舎の裏側を見学してきました。



安佐動物公園最初のアトラクションは記念スタンプ


公園感覚で遊びに来る安佐動物公園。

子供たちにとって、安佐動物公園は動物が暮らす大きな公園という感覚です。



安佐動物公園は年間パスポートの利用でとってもお得


年間パスポートの利用で大人料金は年間1,540円。安佐動物公園は出費のかさむ夏休みの強い味方です。


※安佐動物公園3園共通年間パスポート

通常の3回分の料金で1年間、「安佐動物公園」、「広島市植物公園」、「広島市森林公園こんちゅう館」の3園館に何度でも入園でき、売店の割引特典(パスポートの提示で1割引き)あり

大人(18歳以上65歳未満):1,540円
大人(65歳以上):510円
小人(高校生):510円


傍観者より当事者


動物綱引きの人気者はゾウでもヒツジでもなく、子供と一緒に全力で綱を引っ張るお父さん。

家族全員でゾウに立ち向かうステキな家族を発見しました。





安佐動物公園名物、迷わない迷路


ゾウ舎の前に設置された夏のミスト迷路。幼児でも迷わないミスト迷路は子供たちに大人気。



安佐動物公園の下り坂


人生には三つの坂があります。

登り坂と下り坂。



原付バイクが駆け抜ける安佐動物公園の登り坂。

下り坂を駆け抜けるのは危険なので止めましょう。


知らないうちに人を傷つけることがある


子供たちお楽しみのイベントである、テンジクネズミ(モルモット)の抱っこ体験。

「さっきのとおなじのがいい!」

運悪くこの日2回目の指名を頂いたテンジクネズミくん、モンスターズ・インクのマイクににらまれ固まっていました。


動物に触った後は


「泡で洗うってたのしいよ!」

よい子へのお願を忠実に守り、楽しく手を洗う子供たち。




どうなってるの動物園のうらがわ、バックヤードガイド


ぴーちくパークの後はこの日のお目当て、バックヤードガイドへ向かいました。

毎回異なる場所で開催される安佐動物公園のバックヤードガイド、今回はゾウ舎の裏側を見学します。



安佐動物公園バックヤードガイド開催概要


日時:毎週土曜日の11:00と13:30の1日2回
所要時間:各回約20分
対象者:入園者10人~40人
受付場所:当日9:00~安佐動物公園入園ゲート付近で先着順に参加券を配布
ツアー内容:日頃入ることのできない動物園の裏側を飼育係や獣医師が案内

※見学内容は毎回変わります


普段見ることのできないゾウ舎の見学はとても新鮮な体験でした。







飼育係りの真っ直ぐな姿勢が魅力


バックヤードガイドは天気の悪い日が人が少なくおすすめです。子供たちは飼育係さんの目の前で話を聞くことができました。


飼育係さんをゾウに見立て鎖外しの再現中。

「あしもってあげれば?」

「なんでゾウじゃないの?」

「もっとあしあがらないの?」

若手の飼育係さんが一本足で踏ん張る間、子供たちは議員顔負けのヤジを飛ばしていました。


電流が通った針金は触れると骨の芯までしびれます。


ゾウ舎の中を通り、広場へ。ゾウの生い立ちや象牙にまつわる悲しい話を聞くことができました。


バックヤードガイドから学ぶ


ゾウ舎のバックヤードガイド、最後のイベントは飼育係さんへの質問タイム。

2人の子供たちが手を上げて順番に質問する姿に成長を実感しました。

子供が生まれてから安佐動物公園へ遊びに来るのは延べで100回以上、広島の子供たちは行政と地域の方々に育てられています。


4歳の長男は質問タイムを締めくくるこの日2回目の質問。1回目の質問「ゾウさんはどうしてハナがながいの?」に続き、どうしても聞きたかった彼の質問は、

「なんでもない!」


安佐動物公園のバックヤードガイドは子供連れから動物の臭いに耐性のある鼻詰まり気味のカップル、おじいちゃんおばあちゃんまで幅広い世代におすすめです。


休日のよくある風景


この日は午後から予定があったため、安佐動物公園を早めに切り上げることにしました。

ちょっと物足りないくらいで引き上げると、次回も楽しく足を延ばすことができます。


せっかくの休日をゴロゴロして過ごしたくはないですよね。


安佐動物公園の荒くれ者、ガチョウ3兄妹現る


テンジクネズミの抱っこ体験に並び、子供たちが楽しみにしているイベントである鯉のエサ。

夏休みを満喫している子供たちが楽しくエサを上げていると、ダース・ベイダーのテーマソングとともに安佐動物公園の荒くれ者が登場しました。


これまで3回も荒くれ者たちに指を噛まれている4歳の長男。

3兄妹の登場に警戒しています。


幼稚園で成長した長男にとって、ガチョウ3兄妹は恐ろしい相手ではなくなりました。

ガチョウ3兄妹が近づいてくると、さっと距離をとり斜め横から鯉のエサを放ります。

子供を(噛まれないよう)注意する機会が減るのは、嬉しいようで寂しくもありました。


夏休みのイベント、安佐動物公園ナイトサファリ


大型遊具のある公園ではナイトサファリのオブジェが設営されていました。

安佐動物公園ナイトサファリの開催期間は8月16日(土)~9月7日(日)、開催期間中、土日の夜は9時まで開園しています。




いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします