ライトユーザーにおすすめ!Lumsing PBJ-6200モバイルバッテリーをレビュー|イクメンライフハッカー

ライトユーザーにおすすめ!Lumsing PBJ-6200モバイルバッテリーをレビュー

1年前は5,000円前後が相場だったモバイルバッテリーも、2,000円~3,000円がボリュームゾーンとなるまで価格が下落しました。バッテリー容量、大きさ、重さ、デザイン。モバイルバッテリーの決め手は価格から機能、そしてデザインへシフトしています。




国産ブランドに比べシンプルでデザイン性の高い製品が多い海外ブランド。今回はコンパクトでスタイリッシュなモバイルバッテリー、Lumsing PBJ-6200をレビューしてみたいと思います。


Amazonから届いたLumsingモバイルバッテリー


Amazonから届いたLumsing PBJ-6200はデバイスが入っているとは思えないほどコンパクトなパッケージ。(たぶん使う人はいないと思われる)可愛らしいツマミが好印象でした。

手頃な価格なのでちょっとしたギフトにも喜ばれそうなモバイルバッテリー、Lumsing PBJ-6200ならプレゼントを渡す時もスマートにキメれます。


Lumsing PBJ-6200(ホワイト)の仕様


バッテリー:リチウムポリマー電池
容量:6000mAh
入力:microUSB 5V / 1A
出力:USB 5V/1Aと5V/2.1A
サイズ:約124 x 67 x 123 mm
重量:184g

後述しますが約124 x 67 x 123 mmはiPhone5とほぼ同じ大きさ。リチウムポリマー電池を利用しているため、他の製品に比べ薄く携帯性は抜群です。重量の184gはバッテリー容量からすると妥当な重さと言えるでしょう。



付属品


1.モバイルバッテリー本体
2.micro USBケーブル
3.キャリングポーチ
4.取扱説明書
5.Lumsingユーザーカード

カールコードのmicro USBケーブルは収納のたびにケーブルをまとめなくて済むのでポイント高し。

Lumsing PBJ-6200はエッジの効いたデザインと頭をぶつけたら痛そうなハードボディーのモバイルバッテリーです。カバンの中へiPhoneといっしょに放り込んだら傷が付きそうなのでキャリングポーチは必須ですね。


機能概要


1.iPhone 5/5s/4/4S Samsung Galaxy S5/S4/S3/Note3/Note2 をはじめとした Androidスマートフォン、USB充電に対応したデジタル製品の充電に対応
2.コンパクトなアルミニウムボディで携帯性も抜群。人間工学に基づいた設計
3.6000mAh のリチウムポリマー電池と高品質なチップを採用し、高品質・高寿命を実現。1Aの充電器(別売)を利用すれば、7~8時間でバッテリーが充電可能
4.過電圧・過負荷・ショート・過電流を防ぐマルチ保護ICとヒューズ内蔵で高い信頼性を確保
5.残量を示すLEDインジケータを搭載。25%単位でバッテリー残量が確認可能

Ankerのモバイルバッテリーも所有していますが、正直な感想として機能面での差は分かりません。電池が少なくなったiPhoneを繋いで充電するだけ。実際に充電してみましたが、他の製品と同じように機能面での不満は全くありませんでした。


ANKER Astro M2 7800mAh モバイルバッテリーと比較


機能面以外の部分でLumsing PBJ-6200とANKER Astro M2を比較してみました。

1.大きさ

横幅はほぼ同じですが、高さのあるLumsing PBJ-6200に対し、厚みのあるANKER Astro M2。カバンに入れて持ち運ぶ人ならどっちでもいいレベル、ズボンのポケットに突っ込むワイルド派はなら断然収まりがいいのはLumsing PBJ-6200です。

2.重さ

どちらも180g少々とほぼ同じ重量。上位モデルのLumsing® 10400mAh大容量モバイルバッテリー ハーモニカ型設計2USBポート同時充電の場合、240gになりますが60gの差は想像以上に大きく、ズッシリと感じます。旅行中や出張中など、常に持ち歩く形になりますので60gの差を甘くみない様にして下さい。他のメーカーの製品を検討する場合でも、上位モデルより中位モデルの方が(容量がほどほどのため)軽量である場合が多くおすすめです。

3.デザイン

傷とくすみが隠せなくなってきたANKER Astro M2の外観は、機能美という言葉でごまかすことが難しくなってきました。充電する作業を限りなく男前にしてくれるのは間違いなくLumsing PBJ-6200です。



4.バッテリー容量

容量は機能面の比較になりますが、一応触れておきます。

Lumsing PBJ-6200 6000mAh

ANKER Astro M2 7800mAh

Lumsing PBJ-6200に比べ約3割ほど容量の多いANKER Astro M2ですが、これまで利用してきた限り、バッテリー容量が問題になることはありませんでした。海外旅行などで数日間バッテリーを充電できない様な使い方を除き、これ位の容量があれば不満は無いと思います。

モバイルバッテリーはバッテリー容量でお買い得と判断するのはナンセンス、携帯性とバッテリー容量のどちらをとるか、個人のスタイルで判断しましょう。

5.耐久性

何度かコンクリートの上に落下させたことがあるANKER Astro M2は、耐久性の高さでは非の打ちどころがありません。Lumsing PBJ-6200は入手したばかりなので評価出来ませんが、傷だらけになっても気にならないのはANKER Astro M2の長所です。


Lumsingの感想


シンプルでスタイリッシュなプロダクトをリリースしているLumsingは日本ではまだ知名度の低いブランドです。

海外のamazonで検索するとモバイルバッテリーやBluetooth スピーカーの分野で比較的上位に表示されましたが、日本市場へのアプローチはこれからなのかも知れません。

全てのLumsingモバイルバッテリーは購入日から12ヶ月間の保証付き。また、気になるサポートの対応もレスポンスが早く全く問題なし。その他の製品ではスタイリッシュなモバイルバッテリーやワイヤレスブルートゥーススピーカーが気になります。

Lumsing® 10400mAh大容量モバイルバッテリー ハーモニカ型設計2USBポート同時充電

Lumsing® ポータブル高音質Prophet ワイヤレスブルートゥーススピーカー15時間超え長再生時間


Lumsing PBJ-6200を計る


Lumsing PBJ-6200の重さを計ってみました。カタログ値184gに対し186g。

私のモバイルバッテリーには2gのおまけが付いているようです。



ANKER Astro M2は188g。

2gの差は、正直体感できません。


iPhone5を計る


ついでにiPhone5を計ってみました。重さは114g、モバイルバッテリーと比べても明らかに軽いiPhoneですが、その差は約70g。ベンチプレス120kg、握力85kgと無駄に筋肉の付いた私の腕でもはっきりと体感できる重さです。


自分の使い方の場合、2日(iPhoneを2~3回フル充電出来れば十分)持てば十分なため、容量はほどほどでも薄さと高級感のあるデザインに好感が持てました。

金属製(たぶん)のボディーは暴漢に襲われても大丈夫、ベンチプレス120kgの上腕二頭筋とエッジの効いたLumsing PBJ-6200があれば、不測の事態にも対応可能です。

コンパクトでスタイリッシュなモバイルバッテリー、Lumsing PBJ-6200はアマゾンにてセール販売中です。

jp.lumsing.com


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします