お父さんが見るには辛すぎる!ランチを食べながら楽しめるマイ・フレンド・ダッフィー【ディズニーシー】|イクメンライフハッカー

お父さんが見るには辛すぎる!ランチを食べながら楽しめるマイ・フレンド・ダッフィー【ディズニーシー】

スープやハンバーガー、デザートなどを食べながら楽しめるショーレストラン、マイ・フレンド・ダッフィーはお父さんには辛すぎるスポットであることが分かりました。






マイ・フレンド・ダッフィー


場所:東京ディズニーシー アメリカンウォーターフロント

レストランメニュー:ハンバーガー、サンドウィッチ、キャラクターモチーフ、ミッキーシェイプ、食べ歩きスウィーツ、スープ

提供元:日本コカ・コーラ株式会社

座席数:910席

ショー内容:ダッフィーが冒険の旅に出るまでのお話と、新しいお友だちシェリーメイ登場のお話がミッキーやミニーと一緒にたのしい歌やダンスで紹介される楽しいショー。

注意事項:ショーを鑑賞するにはレストランで注文する必要あり、ショーレストランは時間制限あり

混雑度:中




マイ・フレンド・ダッフィーが辛い理由、その1


身も心も荒んだオジサンには、ミニーの姿はまぶしすぎます。



マイ・フレンド・ダッフィーが辛い理由、その2


ミッキーとミニー、ダッフィーとその他諸々がすったもんだするショーの内容はオジサンには辛すぎます。



延々とこんな感じ・・・



マイ・フレンド・ダッフィーが辛い理由、その3


ダッフィーがシュールすぎる。



ぬいぐるみのダッフィーの方がかわいいと感じるのは自分だけ?



ほら。



しゅーるでしょ?



マイ・フレンド・ダッフィーが辛い理由、その4


せっかく買ったデザートを子供たちが食べない。

直前までポップコーンを食べていた子供たち、一口食べると「もういらない・・・」



マイ・フレンド・ダッフィーが辛い理由、その5


食べながら見ていると何が何だか分からなくなる。

























なぜダッフィーは下半身を露出しているのでしょうか。

なぜシェリーメイは服を着ていないのでしょうか。

オジサンには謎です。





疲れていたこともあって、何度見てもよく分からなかったマイ・フレンド・ダッフィー。

終始おっとりした展開で、気が付くとハッピーエンドの繰り返し。

何度でも見れるせいか、注意力散漫になってしまいます。



マイ・フレンド・ダッフィーが辛い理由、その6


後方の席だとキノコ地獄。

ダッフィー&シェリーメイの写真を撮るならズームレンズが必須です。



マイ・フレンド・ダッフィーが辛い理由、その7


幼児は喜ばない。

アクアトピアやタートルトークに比べ、子供たちの笑顔は少なめでした。













なんだかんだと不満を述べましたが、激混みのダッフィーバス乗車体験会も早起きして乗ってきた私は、ダッフィーが大好きです。マイ・フレンド・ダッフィー!


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします