夏休みのちょっとしたお出かけにおすすめ!子供と楽しむ広島市安佐動物公園|イクメンライフハッカー

夏休みのちょっとしたお出かけにおすすめ!子供と楽しむ広島市安佐動物公園

夏休み前の休日に子供たちと広島市安佐動物公園へ遊びに行ってきました。

安佐動物公園は動物たちと気軽にふれあえるのが人気の秘密。

入園して1分も歩くとのんびりと泳いでいるカバを見つけました。






安佐動物公園のカバは乗って遊ぶこともできます。



カバに乗る男。ステキですね。



カバの付近には抽選なしで何度でも楽しめる迫力のミニシアターが完備されています。魅力的な設備もそろって高校生以下は入園無料、安佐動物公園ってとってもお得ですね。



動物たちも子育てを頑張っている様子。



天気予報は曇り時々雨。

念のため傘を持って行くと予想通りおもちゃ状態。



フラミンゴには興味ないのか、3秒でスルー。自分がフラミンゴだったらうつ病になりそうですね。



勝手知ったる安佐動物公園、子供たちは目を離すと勝手にどこかへ行ってしまいます。



この日、2児のママはママ友と飲み会へ行く予定のため自宅で体力温存中。

夏の動物園へ誘ったら、「夏に動物園なんか行けるか」と一蹴されました。

不満を述べると動物科学館で展示されている彼のようになってしまう可能性があるので、喜んで子供たちとお出かけしました。



動物科学館ではGoogleの最新テクノロジーが組み込まれた綱引きロボットと真剣勝負を楽しみました。



技術にとらわれることなく、幼児が大好きな物を心得ている安佐動物公園の動物科学館。



幼くして科学と生命の仕組みを学んだ子供たち、少し歩いてキリンテラスを目指します。



キリンA 「もうちょっとおいしい草がたべたいよね」

キリンB 「広島市の予算じゃ厳しいだろうな」



キリンテラスを抜けると職員さんが動物たちのエサとなるサツマイモ畑で草むしりをされていました。幼稚園でお芋を掘ったばかりの長男は少し得意そうです。



ちょっと得意になった長男はディズニーランドで買った霧吹き付き扇風機のおもちゃでゾウさんを攻撃。すさまじい風がゾウの耳元を襲います。



ゾウさんごめんなさい。もうしませんから。。



安佐動物公園はシマウマに触れることができる珍しい動物園です。



キリンテラスを抜けてどんどん進むと、子供たちの人気No1スポットであるぴーちくパークへたどり着きました。



ぴーちくパークにはぶた、ひつじ、やぎ等とふれあうことができるわくわく広場や、



滑り台やアスレチックのあるゆらゆら橋などがあります。



怪我をしたり、動物たちに怪我をさせないよう注意書きをしっかり読んで入場しましょう。



アスレチックは3歳前後が最も楽しめる年齢です。



お金が掛からないアスレチックが設置されているのも魅力ですが、我が家はセレブなので乗馬を楽しむことにしました。



必殺、子供のお守他人任せの術。

イクメンを気取っている多くの男性が身につけていると言われる子供のお守他人任せの術。

親切な人や施設のスタッフさんに甘えて自分はひと休みするという小技です。



ボ~っとしていると長男を見失いました。

と思ったら乗馬コースの反対側でモコモコした謎の生き物とお話し中。危険はなさそうでしたので、遠くから見守ることにしました。



さくらちゃん(ポニー)の首をなでで、乗馬を始める長女。



誰が乗っても絵になりますね。



お腹を空かせたこびとたちはワガママ、グズル、泣くといった嫌がらせで大人をいじめます。

無駄な抵抗は止めて早めのランチ休憩をとりました。



ランチの後はぴーちくパークで本日3回目のテンジクネズミ抱っこ体験。

何が楽しいのか、、、自分も無類の動物好きなのでよく分かります。



お客さんが少ないのでスタンバイ中のネズミさん達は暇そうです。





今日最後の抱っこ体験、スタッフのオジサンの細かい気配りでテンジクネズミとバイバイのタッチ。マイクの鋭い眼光に、テンジクネズミは固まっていました。



ネズミと分かれ少し寂しそうな長男。

きっと彼も動物好きになり、動物たちからたくさんのことを学ぶのでしょう。



動物の赤ちゃん館でとてもかわいいひよ子を見つけました。

シャッターを切ったところ、ピントが網に当たって超ピンボケ。どなたか上手な撮影方法を教えて下さい・・・



この日大活躍したのがディズニーランドで購入したミッキーの霧吹き付き扇風機。

体を濡らすことで効率良く体を冷やしたり、



植物に水を上げて遊んだりと、夏のディズニーランド必需品のおもちゃは、夏の動物園でも大活躍でした。



甲羅干し中のカメさん、ごめんなさい。



夏の動物園は暑くて幼児連れには厳しいというイメージを持たれている方も多いと思いますが、



広島市安佐動物公園は緑の多い動物園。日陰が多いので、夏でも半日程度なら無理なく過ごすことができます。



ぐうたらのラクダを見たあとは鯉のエサ。



この日の鯉は食欲がすさまじく、子供たちの手の下は地獄絵図でした。



ポトリ、ポトリ。

鯉の口を狙ってエサを上げることができます。



鯉の後には安佐動物公園の荒くれ者であるガチョウがにらみをきかせていました。

油断すると噛みついてくる危険人物です。



鯉にエサを上げた後は子供たちのお楽しみ、おやつタイム。

長男 ソフトクリーム

長女 イチゴ味のかき氷

2児のパパ イチゴ味のフラッペ

各自好きな物を選びます。


安佐動物公園のソフトクリームは濃厚で美味しいので子供からオジサンまで幅広い世代に人気。年間パスポートを提示すれば、1割引きで購入出来るのも嬉しいですね。



ソフトクリームを食べ終わってハウスを出ると滝のような雨が降っていました。

念のために持ってきた傘は子供たちの分だけ。止むを得ず傘をさした3歳の長男をかかえて傘代わりにしました。



動物園から帰宅後は屋内遊び。夕飯の後、雨が止んだので今年初の花火を楽しみました。

小さい手に小さな花火。

今年の夏も楽しくなりそうです。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします