家族で3,000円の予算で作る手巻き寿司。子供たちの一番人気はやっぱりアレ!?|イクメンライフハッカー

家族で3,000円の予算で作る手巻き寿司。子供たちの一番人気はやっぱりアレ!?

週末の料理当番、今日の夕飯はネタを切るだけで作れる、早い、(外食に比べると)安い、簡単な、手巻き寿司。





家族で3,000円の予算で調達した食材で作る手巻き寿司のネタはこんな感じです。

マグロは鳥取県さんの天然生まぐろ、サーモンは冷凍では無い生サーモン、エビは普通のバナメイエビですがお酒で蒸すことでプリプリの食感になっています。

節約ポイントは白身の魚として鯛やヒラメではなくグレを選定。イクラは一粒口に入れれば0.02秒で人工イクラと分かる大粒人工イクラ、タコは地タコではなくモロッコ産の茹でタコ(旨みまったくなし)を使用。少しだけ揚げ物も食べたかったのでお惣菜の唐揚げを購入しました。

魚が安い日だったり、もっと手間のかかる魚を購入すればもう少し種類が増やせたかも知れませんが、家族で3,000円の予算ではこれ位が限界かも知れません。


本日の一番人気、天然生まぐろ。


節約食材として購入したグレは臭みもなく、脂も乗っていたので美味しく頂けました。


反対に大失敗だったのはモロッコ産のタコ。ただただ硬く、味もしないので誰かが噛んだ後に捨てた風船ガムを食べているような味でした。


唐揚げは子供たちに大人気。お約束の卵焼きとソーセージも子供たちの大好物です。


エビは酒蒸しすることでプリップリの食感。


イクラは見た目も味も100%人工ですが、子供にはまだ分からない様子。人工のイクラを見分ける幼児はちょっと嫌ですね。


名わき役のツナと納豆。

イカがあればイカ納豆にしたかったのですが、予算オーバーのため断念しました。


期待していなかったグレは脂が乗っていて中々の評判。



子供たちの一番人気は生サーモンとイクラの偽親子捲きでした。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします