2014年ディズニーランド家族旅行、最終日。子供連れディズニーランド、最後のシメはやっぱりコレだ!|イクメンライフハッカー

2014年ディズニーランド家族旅行、最終日。子供連れディズニーランド、最後のシメはやっぱりコレだ!

楽しいディズニーランド家族旅行もあっという間。

ディズニーランド家族旅行3日目の朝はシェラトンの朝食バイキングから始まります。






シェラトンの朝食バイキング


東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルの中で最も人気があると言っても過言ではない、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル。

人気の秘密はやっぱり朝食バイキング、今回シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルに泊まったのも朝食バイキングがお目当てでした。



一日の元気はシェラトンの朝食から。

朝の光が射し込む開放感たっぷりの「オールデイ・ダイニング グランカフェ」の朝食は、
洋食はもちろん、和食から中華まで、バラエティー豊か!焼きたてのクロワッサンを
お席までお届けするサービスやお子様が一人でも取り易いキッズコーナーも充実していて
毎朝行列が絶えない大人気のブッフェレストランです。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルWebサイトより引用



シェラトンの朝食バイキングを食べた感想


シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの朝食バイキングの感想は以下の通りです。

・ブルーベリーのスムージーは美味しい
・エメンタール、グリエール、チェダーチーズがカットして食べれるのは面白い
・デザートはフルーツ中心、ケーキ類は無し
・ヨーグルトは自由に選べるのが嬉しい
・パンの種類が豊富
・やっぱりバイキングはどこのホテルも大して変わらない

朝食バイキングを目的にシェラトンへ泊る必要はなさそうです。



ディズニーリゾートライン待ち


シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの朝食バイキングで満腹になった後、ディズニーランドへ向かいしました。こちらはディズニーリゾートライン待ちの間、子供たちとたくさん遊んでくれたキャスト。幼児が退屈しないよう、可能な限り子供たちを楽しませてくれるキャストの姿勢にはいつも感動させられます。



夏のディズニーランドは扇風機がおすすめ


今回のディズニーランド旅行で大活躍したのが霧吹き付きの扇風機。

アトラクションの待ち時間や、パレードの待ち時間のひまつぶしにもなる、夏のディズニーランドには欠かせないアイテムです。



日曜日のディズニーランドはFP発券も地獄


日曜日のディズニーランドは予想通りの混雑状況。

モンスターズ・インクのFP発券に30分かかりました。最悪だったのは激混みの状況なのに日傘をたたまないオジサン。オジサンの日傘に頭をつつかれ怒り心頭です。



2児のパパが日傘のオジサンにイライラしながらFPを発券している間、子供たちは幼児向けアトラクションを満喫中。



夏のディズニーランドは水分補給が大切


7月のディズニーランドは暑いので水分補給は欠かせません。



子供たちが座ってパレードを待っている間、2児のパパはチュロスとポップコーンの買い出しへ。



ディズニーランドの夏


パレードの感想は、




あつい。




幼児を連れて夏のディズニーランドへ行くのは厳しいかも知れません。



ディズニーランド家族旅行、ハードな日程でお疲れ気味の長男はドナルドを見ながら夢の中へ。



アイスを食べたり、お買いものやゴーカート。

長男が寝ている間、長女と楽しい時間を過ごしました。



ディズニーランド家族旅行で成長の定点観測


長女と乗るディズニーランドのゴーカート、ペダルに足が届くようになっていたことに感動です。



子供と乗るゴーカートは楽しいですね。



ディズニーランドのアトラクション、幼児はゴーカートが大好き


その後、目を覚ました長男にもゴーカートへ連れて行かれました。



混雑する日曜日のディズニーランド、モンスターズ・インクはFPで体験しました。スタンバイは常に90分待ち以上、幼児連れには現実的でない待ち時間です。



ディズニーランドで初めてのアトラクションへ


2児のママと長女がビックサンダー・マウンテンへ行っている間、長男とツリーハウスを初めて体験しました。

ディズニー映画『スイスファミリー・ロビンソン』をもとに、ロビンソン一家が暮らした“大きな木の家”を再現。地上19mの巨木に見られるリアルな生活シーンの数々に、思わず心を躍らせてしまうはず。

ディズニーランド公式Webサイトより引用





意外なことに結構楽しいツリーハウス。ディズニーランドのアトラクションの中でも、4歳以下の幼児連れにはおすすめです。



ツリーハウスの上から見下ろすディズニーランドの風景もなかなか素敵。



頂上付近でおどける長男。



ツリーハウスから眺めるシンデレラ城


頂上からはシンデレラ城が見えました。



ディズニーランドが混雑した時でも


他のアトラクションが混雑している状況でも待ち時間なく体験出来るのが魅力。





ディズニーランド、幼児の好きな食べ物


ツリーハウスで運動したせいか、小腹が空いたのでスモークターキーレッグ(500円)を購入。

小骨に注意する必要がありますが、スモークターキーレッグは幼児にもおすすめの食べもの。仲良く半分個しようと思ったら、肉食系幼児は一口も分けてくれませんでした。



バースデーメダルの効果


蒸気船マークトウェイン号乗り場でキャストとハイタッチをする長男。バースデーメダルの効果か、今回のディズニーランド家族旅行では多くの場面でキャストにお世話になりました。



ディズニーランドを満喫する2児のママ


2児のママと長女は2児のパパと長男のFPも使って2回連続でビックサンダーマウンテンを体験中。

絶叫系が大好きな女の子チームとビビりの男のチームはディズニーランドの楽しみ方も対照的です。



ビビりの男の子チームは大きな船がピッタリです。



川にはカモが住んでいます。



2014年ディズニーランド家族旅行、長男と乗った最後のアトラクションはやっぱり幼児向けのアトラクション。



ディズニーランドから広島へ


楽しかったディズニーランド家族旅行もそろそろお終い。広島へ帰るため、ディズニーランドを18時に後にしました。



ディズニーランド家族旅行、最後の楽しみ


最後のお楽しみは東京駅で購入した新幹線の中で食べるお弁当。

子供たちの夕食はイクラ丼と鶏のから揚げです。



ディズニーランドホテルで迎える誕生日、まさかのワンス・アポン・ア・タイム中央鑑賞席とビックバンド・ビートの当選と幸運も重なりとっても楽しかったディズニーランド家族旅行。

子供連れディズニーランド、最後のシメはやっぱりコレですね。



2014年のディズニーランド家族旅行のまとめ


最後に、2014年のディズニーランド家族旅行の感想と備忘録をまとめておきます。次回も楽しいディズニーランド家族旅行でありますように。

・7月のディズニーランドは真夏並みに暑い
・幼児を連れて行くなら夏より冬のディズニーランドの方が過ごし易い
・ワンス・アポン・ア・タイムの抽選結果で満足度が大きく変わる
・日曜日のディズニーランドは想像以上に混雑する。可能なら避けるべき
・2歳の時に行ったディズニーランドの記憶はしっかりと残っている
・夕食はレストランに入って食べるよりも、テイクアウトでアトラクションを楽しむ方が効率的(オーダーから料理が出てくるまでに結構時間がかかる)
・アトラクションの終了時間はおおむね閉園40分前
・少々高くてもディズニーランドホテルは泊る価値あり
・ディズニーシーのビールはとりあえず飲んどけ
・2歳、3歳の時よりも、4歳の時の方がアトラクションを怖がった
・おもちゃは1人2個の約束をきちんと守る
・光るおもちゃや扇風機などのおもちゃは待ち時間の間に重宝する
・ホテルの朝食バイキングはどこも大差なし。ホテルで朝食を食べるより早くランドへ向かう方が効率的
・小学校から帰ってからディズニーランドへ向かうのは結構キツイ
・安く済ませたいなら3歳未満、小学校入学前に行くべし
・ディズニーランドホテルの宿泊特典である15分前の入園特典はとてもオイシイ
・日曜日のディズニーランド、人気アトラクションのFP発券は午前中で終了することもある
・バースデーパスポートの効果は絶大、キャスト全員からお祝いして貰える
・シェラトンの朝食バイキングは6時に並べば楽勝、5時30分に並ぶと張り切り過ぎ感満載で恥ずかしい
・夏のディズニーシーで飲むビールはマジで美味い
・ワンス・アポン・ア・タイムは念じると当たる
・スモークターキーレッグは分けて貰えない
・4歳までならベビーカーを持って行って損は無い


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします