掃除機が故障!ダイソンDC48 vs 日立2段ブーストサイクロンCV-SY500、決め手の理由は・・・|イクメンライフハッカー

掃除機が故障!ダイソンDC48 vs 日立2段ブーストサイクロンCV-SY500、決め手の理由は・・・

以前から不調だった掃除機のスイッチが入らなくなり、故障してしまったのでダイソン、三菱(風神)などの売れ線モデルと比較した結果、小型・軽量、協力パワーの掃除機、日立(HITACHI)2段ブーストサイクロン (小型ハイパワータイプ) CV-SY500(R) を購入した。決め手の理由は・・・






決め手の理由


掃除機購入のポイントを以下の順に設定し、エディオンの店員さんに相談。

1.吸引力
2.値段
3.お手入れのしやすさ → パックではなくサイクロン式
4.デザイン

○芝と三○は昔から吸引力が弱いとのことで実際に試してみると、なるほど、、おどろくほど吸わない・・・○立と○ソニックはよく吸うとのことでこちらも試してみると吸いついたら離れないほどの吸引力。ダイソンは吸引力が落ちないのは魅力だが、吸引力の目安である吸込仕事率は170Wとそれほど高くない。他のメーカーの掃除機と比較してもほどほどの吸引力だった。ただ、(静かではない)独特の甲高いモーター音は如何にも高性能を思わせるサウンドは魅力。

迷う掃除機の購入、2児のパパはデザインとサウンドでダイソンが欲しかったけど、ママの

”松潤と目が合ったから”

というよく分からない理由で日立(HITACHI)2段ブーストサイクロン (小型ハイパワータイプ) CV-SY500(R) に決定した。

掃除機購入の決め手が松潤。恐るべしジャニーズ・・・

特徴


日立(HITACHI)2段ブーストサイクロン (小型ハイパワータイプ) CV-SY500(R) の特徴は以下の通り。

・スマートヘッド →ヘッドの幅はダイソンよりも1.5倍はある。何度もかけなくて良いのは好ポイント
・強力パワー400W →(吸引力が落ちていなければ)ダイソンより相当高い吸引力。
・きれいな排気 
・より小さな運転音 →個人的にダイソンの音は好きだったか結構うるさかった。ダイソンと比べればかなり静かな運転音。
・ごみ捨て簡単・清潔
・フィルターの目詰まりを抑える
・吸込力が持続
・省エネ

デザインもシンプルで高級感がある掃除機。交渉の結果、かなりの金額をディスカウントして貰えた。ちなみに、日立(HITACHI)2段ブーストサイクロン (小型ハイパワータイプ) CV-SY500(R) はサイクロン式ではあるがダイソンとは違い完全なサイクロン分離ではない。フィルターを内臓している為、数年後の吸引力は未知数だ。


さっそく組み立て


エディオンから帰宅後、さっそく組み立てる。日立(HITACHI)2段ブーストサイクロン (小型ハイパワータイプ) CV-SY500(R) は日本製、各部品も丁寧に梱包されていた。開封後、1分17秒で組み立て完了。もちろん、取り扱い説明書など全く不要の簡単設計。


試運転


さっそく日立(HITACHI)2段ブーストサイクロン (小型ハイパワータイプ) CV-SY500(R) の吸引力を試してみようとしたら、、、長女に掃除機を奪われる。

新しい掃除機に子供たちも興味津々だったため、試運転をお願することにした。

2児のパパの枕で吸引力を試す長女。ダニが吸い取られますように・・・


ダイソンDC48 vs 日立2段ブーストサイクロンCV-SY500


長女も自分の枕で日立(HITACHI)2段ブーストサイクロン (小型ハイパワータイプ) CV-SY500(R) の吸引力をお試し。5歳の幼児でも軽々とお掃除出来るのはこの掃除機の魅力だ。

新しい掃除機さん、今日からお部屋のお掃除、よろしくお願いします。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします