ディズニーランドで買った幼児向けの光るおもちゃで3倍楽しむ遊び方はこれだ!|イクメンライフハッカー

ディズニーランドで買った幼児向けの光るおもちゃで3倍楽しむ遊び方はこれだ!

ディズニーランドで買った幼児向けの光るおもちゃはひとつ2,000円前後と結構高かったけれど、子供たちはディズニーランドから帰った後もときどきおもちゃ箱から取り出して遊んでいるお気に入りのおもちゃだ。今日は絵本の読み聞かせの代わりにお家の電気を真っ暗にして、光るおもちゃをライト代わりに冒険ごっこで遊んでみた。ディズニーランドで買った幼児向けの光るおもちゃで3倍楽しむ遊び方はこれだ!

雪だるまの光るおもちゃ


ディズニーランドで長女用に買った光るおもちゃ。長女が選んだのは11月に行ったこともあって雪だるまのおもちゃ。スイッチを入れていない時はこんな感じ。この光るおもちゃ、首からかけれるようになっていて、花火や夏祭りなど、夜のお出かけ時に重宝する。意外と利用頻度の高いおすすめのおもちゃだ。



光らせたらこんな感じ


雪だるまの光るおもちゃ、スイッチを入れたらこんな感じ。ディズニーの光るおもちゃ、高いだけあって色が変わるのは当たり前のこと、(夏祭りで売っている300円位の光るおもちゃに比べて)光の色が綺麗なのと、電池の持ちが半端ない。しょっちゅう使っているのに、まるで電池が消耗する気配なしの光るおもちゃ。

赤色から、、、


青色へ


真っ暗にしたお部屋を明るくするには十分な程発光する。


緑色や白にも。


星が光ったり、、、


モテアイテムにもなる


とっても綺麗な雪だるま。
全く関係ないけれど、子供に持たされ、夏祭りで広島のイクメン、2児のパパがこの光るおもちゃを首にかけていたら、ギャル(死語)に「かわいい~~~」といわれちょっと嬉しかった。


クリスマスツリ―のおもちゃ


ディズニーランドで買ったもう一つの光るおもちゃは長男が選んだクリスマスツリーのおもちゃ。当時2歳だった長男、大人が持っても(広島のイクメン、2児のパパの手は特大サイズ)ずっしりくる特大サイズの光るおもちゃを大事そうに抱えてディズニーランド内をウロチョロしていた長男を思い出す(光るので見つけ易かった・・・)

何度も落とされて、コンクリートにゴツンとやられているのに全く傷がついてないのはすごい。

こちらも光らせていない時はこんな感じ。スイッチを押すと赤色、緑色、色々な色の3パターンに切り替わる。



色々な色に光らせてみた


光らせてみたらこんな感じ。


雪だるまの光るおもちゃに劣らず、こちらも結構綺麗。


ピンク色、


青色、、、


白にも。
あれ、ツリーの上にミッキーが乗っている。今気がついたw


お部屋を真っ暗にして探険ごっこ


今日は絵本の読み聞かせの代わりにお部屋を真っ暗にして探険ごっこ。こけたりぶつかったりしないよう、お部屋を片付けてから、全てのお部屋の電気を消してと。
最初は怖がっていた子供たち、30秒もすると「わたしがまえになる!」といっていつものお部屋をライトで照らしながら探険ごっこを楽しんでいた。


壁を光らせたり、鏡を光らせたり、、、ディズニーランドで買った光るおもちゃ、もう十分元は取れたかな。



いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします