カツオを捌く時のポイントは背ビレの・・・|イクメンライフハッカー

カツオを捌く時のポイントは背ビレの・・・

広島の激安スーパー、エブリイでお魚チェック。3歳の長男はカツオが大好物。カツオ、カツオ、カツオはどこじゃ・・・

あった!

今日のカツオは長崎産、新鮮だけど大きいので夕飯の一品にはキツイお値段w


カツオを男らしく買う

今日のカツオは特大。半身でも良かったけど男らしくないので一匹買いしてみた。しかし、カツオくん、君はデカいですね・・・


カツオを捌く時のポイント

カツオを捌くポイント。身が柔らかいカツオは捌く時に優しく扱う必要があるけれど、魚の形としては標準的な体型をしているのでそれほど難しくはない。唯一と言っていいポイントは写真のように後頭部(?)から胸びれ後方の分厚い皮を削いでおくこと。この厚い皮が残ったままタタキにすると口に残って食べられたものではないので注意しよう。


カツオは血が多い

頭を落とし厚皮を削いだ状態。カツオを捌くと想像以上に血が流れるので台所が大変なことになる。


カツオの三枚おろし

カツオを三枚に下ろす。カツオは身が柔らかく、骨も薄いので包丁が骨に当たっている感触を確認しながら捌いていこう。何度も包丁をキコキコ動かすよりも、スパっと切る方が綺麗に捌ける。


カツオのアラ

これ位のサイズのカツオならアラも美味しく頂ける。綺麗に水洗いし、薄塩を振って臭みのもととなる水分を出す。アラ炊きにする前に熱湯をかければ魚臭さとは無縁の美味しいカツオのアラ炊きが楽しめる。


魚臭い時はスーパー銭湯へ

夕食までに時間があったのでカツオを捌いて魚臭くなった体を綺麗にするためスーパー銭湯へ行って来た。



300円をドブに捨てる

温泉の後、300円もする高級マッサージでほっこりしていたら、マッサージチェアを長男に強奪されてしまった…


カツオのタタキ

夕飯。カツオはガスコンロで炙りバットにのせて冷蔵庫で冷やす。余熱が取れたら後は切るだけだ。


カツオの目玉

子供たちはカツオのタタキよりカツオのアラ炊きの方が美味しかった様子。2人とも、特大の目玉をペロリと平らげていた。


魚を捌き慣れてない人には少しハードルが高いけれど、姿の魚を捌いて作るカツオのタタキは既製品とは別物の味。機会があればチャレンジしてみよう。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします